1枚の写真から

夫が会社の人から古い写真をもらってきた。
それは30年近く前に、我が家の庭でバーベキューをやったときの写真だった。
5月1日、バーベキューをやるのが恒例となっていた数年間。
その写真には幼稚園に上がる前の下の息子が写っていた。

私の記憶の中の、あのときのエプロンはこれじゃなかった・・・
それから始まった思い出の引き出し。

整理されていない写真があちこちから出てくる。
夫の入社当時の若くはつらつとした顔。

これは誰?
ここはどこ?
何やってるところ?


写真の裏には、<S47.7.2 専売公社グランドにて ソフトボール大会優勝>なんてセピア色になったものがでてきた。
専売公社って・・・古いね~
私はもう少し後の入社だったけど、当時はこういう行事がとても盛んで、仕事だけではないつながりも多かった。


懐かしくって時間の経つのも忘れ、二人で古い写真に見入ってしまった。


何年か前に、父が箱に入ったままの写真をアルバムに整理していた。
これはああだのこうだのと解説してくれるのだけど、興味もなく生返事。
終いには、「残されてもゴミだよ」なんて言ってしまった。

確かに、生活の中の写真なんて、当事者じゃなければどうってことのないもののほうが多い。
ここに息子がいたとしても、それほど興味は示さなかったと思う。

断捨離を思い立った時期に、昔の写真は捨ててしまおうかと思った。
あの分厚いアルバムは場所塞ぎだとも思った。

でも、またしばらくして見返すかもしれない。
もっと年を重ねたら、もっともっと懐かしいかもしれない。

後に残された子供たちには面倒かもしれないけど、生きている間はとっておこうと思った。

IMG_2722_20120203230251.jpg IMG_2723.jpg IMG_2724.jpg

コメント

思い出

一枚の写真がきっかけでアルバムを引き出し懐かしい思い出にお二人で浸っていらしゃるお姿が目に浮かびます。

あの時、この時と時間の立つのも忘れてしまうほど夢中に見入ってしまいますよね。
めったに引き出さない、でも忘れたころに何か探し物をしているときにふと横にあるアルバムをみてまた同じことをしている懐かしい思い出、捨てられませんよね。
私もこむぎさんと同じ思いです。

わぁ~専売公社ですか、懐かしいなんて言えば年がわかりますね(笑)

No title

エプロン姿のこむぎさん。若奥様姿、
素敵です~。 

思い出一杯の写真に、お二人で懐かしく
タイムスリップされたことでしょう。

写真は大切な思い出です。
もう数年前の今頃、2月か3月頃でしたでしょうか?
九州に単身赴任中のご主人に、こむぎさんが
逢いたくなって、九州に飛行機で、行かれた
ことがありましたね。岡山の上空を西に向かう
旅客機の姿を撮影しました。こむぎさんが
乗っていると信じて・・・・


毎日 妻の写真に語りかけています。
「今日は、立春だよ。おかあさん」





nonchanへ

夫と同じ会社にいましたので、馴染みの人も多く二人で盛り上がりました。
最近は、デジカメでバカバカ撮っても、紙で残すことをしていないので、これから先は「セピア色」の思い出は少なくなりそうです。
しかも、人物はほとんど撮っていません。
写真いっぱい撮りたくなりました。
専売公社・・・でしたよね。

権兵衛さんへ

30年も前の写真です。
>こむぎさんが 逢いたくなって、・・・
そういうことにしておきましょうね。
夫の単身赴任では、私は随分楽しませてもらいました。
でも、そのころはもうデジカメでしたので、PC上では見ることが出来ますが、1枚ずつ手にとってという状態にしていないので、なんだかセピアの思い出にはならなそうです。
プリントしようかな。
>「今日は、立春だよ。おかあさん」
グッと来ちゃいます。

写真

おはようございます。
昔の写真を見ると懐かしくて、会話が弾みますね。
こんな洋服を着ていたとか、若かったとか・・・
我が家にも何冊もの厚いアルバムがあります。
最近は、プリントする数は減りましたが、出かけた時の写真は、何枚かプリントしてアルバムに整理しています。
以前行った時の写真を探すこともあるので、たまに見ると懐かしいです。
PCにも保存していますが、アルバムが好きです。
家族の歴史ですね。
中学生までは、息子用のも作っていました。

えむりさんへ

お帰りなさい。
最近は、ほとんどプリントせずにPC保存です。
でも、手に取るというそんなことだけの違いなのに、「その時」の思いは全然違うことに気づきました。
アルバムっていいですね。
息子のアルバムは老後の楽しみといって、自宅にとってあります。
当時のアルバムって、厚かったですよね。
表紙に名前なんて書いてあって、出産祝いの定番のようなものでしたね。

No title

こんばんは~☆

>夫の入社当時の若くはつらつとした顔。
あらためてご主人に v-344 のことでしょうネ
そういった意味でも古いアルバムを眺める事もいいわね^^

そうそう当時のアルバム分厚かったわね。
表紙が武者小路実篤の言葉や絵だったりして・・
うちでも昨秋主人が突然「子供達の小さい頃のアルバム見たい」と言い出した時
階段下に収納してた重いアルバム全部出して。。。
整理しようかと思ったけど、やはりこむぎちゃんのおっしゃるように取って置くことに。。
仕舞う時もほんと重かった~その「重さ」自体が思い出よね!!

麦さんへ

>あらためてご主人に・・・
なんかね、息子みたいよ。
昔は、写真を撮ると現像して出来上がるのが楽しみだったよね。
何度も見返すってことはあまりなかったけど、何十年も経つとまた楽しいものなんだね。
結婚式の写真なんて閉じたままで開かないかもしれないわ。
そうね、「重さ」が思い出なのね。
名言!!
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック