蔵王を後に

妹からの電話・・・
「ママが亡くなったの・・・」
「ウソ! 出てくる前に電話で話したばっかりだよ」

ママ・・・私たちがそう呼んでいるのは母の妹である叔母。
一緒に旅行をするはずだったけど、4月のあの不安定な気候で取りやめたのでした。

無理やりでも連れてったらこんなことにはならなかったかも・・・なんて言っても今更仕方のないことですね。
お風呂に入っていて、そのまま息を引き取りました。

蔵王でもう少しゆっくりする予定でしたが、とりあえず100kmほど離れた実家に向かいました。

どこだったか覚えていないのだけれど、途中の桜並木です。
IMG_7263.jpg

山にもまだ咲いているんだね。
          IMG_7265.jpg

叔母は、私の住んでいるところと近いのです。
母たち3姉妹はとても仲良しでした。
この旅行の後、母のところに暫く滞在するつもりでいたようです。

IMG_7275.jpg
月山が見えるのね、きっと。
この日は見えなかった・・・と思う。
目に入らなかったのかも。

IMG_7278.jpg
道の両側にネットをかけられた木がずっと続いています。
      IMG_7281.jpg
白い花が咲いています。
なにかしら・・・

IMG_7272.jpg
木肌は桜よね。
IMG_7273a.jpg
あ~、ここは東根市。
東根といったらさくらんぼですね。

IMG_7270.jpg

サクランボ狩りができるのかもしれないですね。
花がたくさんだったから、実もどっさり生るといいですね。


ピンクの花が咲いている木は桃ですって。
IMG_7285.jpg

東根はフルーツ王国だものね。

実家に寄り、両親を連れて自宅に戻りました。
両親も大分足腰が弱り、電車での移動は無理になってきました。
今回、たまたま私たちが近くまで行っていたので一緒に車で叔母のもとに来ることができました。
妹を先に送ることになった母は、とても辛かったと思います。
連れてくることが出来てほんとうによかったです。
きちんとお別れも出来ました。

告別の日は、母の日でした。
真っ赤なカーネーションを捧げました。

叔父が亡くなり1年とちょっと。
もうパパに会えたかな。

コメント

追悼

大好きな叔母さまの冥福をお祈り申し上げます。
知らないものが、余分な慰めは失礼かかも知れません。
でも
叔父さま亡くなりあとをおって、天国で再会・・・
きっとそうですよね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

ご旅行中にそのようなことが。。。
お母様どんなにかお悲しいことでしょう。。
こむぎちゃん、ご実家さまの近くまでいらしてたのは
なにかのお導きでしたでしょうかネ。

↓の記事で
良い旅ができて良かったわね、、なんてコメしてごめんなさいね~!!

オコジョさんへ

ありがとうございます。
失礼なんてとんでもありません。
ありがたいです。
突然のことで、今でも皆が呆然状態です。
まさにピンピンコロリですね。
それにしてももう少し・・・はつきません。

麦さんへ

仲良し姉妹だったので、相当なショックのようです。
「そっちに(実家に)行きたいわ~」というのが最後の会話だったんだって。
母は、叔母の体を心配して風邪でも引いたら大変だと思い、もう少し暖かくなったらいらっしゃいと言ったというから、それはね~・・・自分を責めたくなるかもね。
叔母は、少し前に脳梗塞をやっていたので、妹の体を思ってのことだったんですよね。
麦ちゃん、気を使わせてごめんね。
楽しい旅行だったよ。
大丈夫よ。

こんにちは

・・そうでしたか・・旅行中に突然のご不幸・・ほんとにショックでしたね。
まだ日も浅いので悲しみはこれからも心にのぼってくるでしょうね・・。
叔母様のご冥福をお祈り致します。

アメジストさんへ

こんな亡くなりかたは残念ですが、夫を送り、子供たちよりも先にということでは、順当なんですよね。
それにね、こんなことってあるの~というくらいびっくりなんだけど、
叔母の母(つまり私の祖母)と同じ日にしかも同じ年齢で亡くなったのよ。
母とは前日、「明日はお母さんの命日だね」と話したんですって。
一番ショックだったのは、最初に見つけた従姉妹(娘)だと思うの。
近々おしゃべりの時間をもちます。

そうですか

たいへんでしたね。
叔母さまの突然の不幸、心残りですね。
私の叔母は姉(私の母)の誕生日に亡くなりました。
道のりでのさくらんぼの花が清く、白く、叔母さまの冥福を祈るように咲いていますね。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノこんにちは~♪

そんなことがあったのですか。 さぞ 驚かれたと同時に悲しみも・・・ですね。
おば様のご冥福をお祈りいたします。
身近な方が亡くなられるというのは・・・とても言葉では言い表せない複雑な心境になりますね。
こむぎさん どうぞ 元気をだしてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プリンさんへ

人の死のあっけなさを思いました。
3人の子供に孫が9人。
今時にしては珍しくらい大勢の孫だよね。
今年も皆でバーベキューをやる予定にしてたのに、追悼になってしまいました。
サクランボの時期になったら、お供えしなくちゃだわ。
叔母様がお姉様の誕生日に亡くなられた・・・そんなこともあるのですね。

ケラさんへ

ありがとうございます。
寝ながら電話を受けたのですが、飛び起きてしまいました。
だって・・・元気にお友達の家から歩いて戻り、お風呂に入りそのままなんですもの。
最後におしゃべりしたお友達も相当なショックを受けていました。
いろんな楽しい計画も立てていたんですよ。
今度はあちらの世界で叔父と楽しんでいるといいけどね。

鍵コメさんへ

ありがとうございます。
ご心配をおかけしました。
両親もこちらに来ることができ、悲しみの中でも見送ることが出来たことには安堵していると思います。
人生、予期せぬことはいつでも起こり得ますね。

ここもフルーツライン~♪

この知らせの後は、何も言えないみきちゃんでごめんね!

でも、こむぎちゃんがこうしてブログに記してくださったので
やっとお返事できました。

お母さまもママもこむぎちゃん姉妹と同じように素敵な姉妹だったのでしょうね~

みきちゃんへ

ありがとう。
大丈夫よ。
どうしようか迷ったんだけど、この時の記録として残しておきたかったの。
亡くなったのは勿論悲しいし淋しいんだけど、生きている人には日々の生活があるから、時を止めるわけにはいかないですね。
足踏みしてては前進しませんね。
叔母は、パパのところに行ってたくさんおしゃべりしていると思います。
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック