お土産

グロテスクな画像です。
でもね、
私は大好きなんですよ。


これな~んだ
IMG_4571.jpg

IMG_4574.jpg

我が家では、これを食べる母は人間じゃない・・・とまで言われています。

子供が幼稚園の時、お弁当のご飯の上に「これ」を乗せたら、「お母さん・・・ご飯にゴキブリが・・・」と言われちゃいました。

この「いなご」は買ったものですが、最近は大量に取れるようになり、家庭でも作るようになったとか。
田んぼに農薬を撒くのが減ったと言うよい現象なのでしょうね。


村上の魚センターで買った「のどぐろ」です。
IMG_4547.jpg

ほらね、喉が黒いでしょ?
IMG_4545.jpg

すごい高級魚だそうですが、ここでは1匹250円で買ってきました。
小さかったけどね。
確かにいいお味でした。

実家からの帰り道、ガソリンを補給している目の前に
IMG_4537.jpg
鏡に映ったわが身?


もう一つお土産。
IMG_4548.jpg
朝鮮土産ではなく、熊本のお土産です。

IMG_4550.jpg
真っ白な片栗粉の中にお餅が入っています。

IMG_4552.jpg

お餅を食べたら、片栗粉を料理に使えるそうです。


なんだか上の豚ちゃんが、戒めのように思われてなりません

コメント

イナゴ

美味しいらしいですが、苦手です。
今は高級品ですね。
何度も、食べましたが、いつも一匹・・・
味わうよりも、のっくんで(こちらの方言、飲み込んで・・・)

子供の頃、オバヤン(こちらの方言 おばあさんが)袋一杯のイナゴを袋の
中から蓋をした鍋の中へ入れました。
中でイナゴの中で暴れること、そのすごいこと・・・

今でも、駄目です。

でも我家の息子たちの母は好きです。

でも、田舎ですね。
息子たちは「人間じゃない」なんていいません。
むしろ食べない私が、あんな美味しいものを・・・・
高級品が嫌いとは、何事か・・・
三つ子の魂、何とか・・・(笑)

でも、昔は本当に貴重な蛋白源だっのですよね。

ええええっ?

あのぉ、田舎育ちのわたくしでさえ、食べた経験がないのですが。。。美味しいのでしょうか?
話には聞いたことがありますよ、もちろん。
いなごの佃煮ですよね。

神戸の季節の風物詩「いかなごの佃煮」はメル友さんから送っていただいて食べたことがあるのですが、いなごは経験ありません。

ちょっと勇気が必要な気もしますが・・。

お土産

イナゴ!
見ただけでダメです。
こむぎさんは、大好物?
こむぎさんの故郷の近くまで出かけていました。
広い田んぼには、イナゴが元気に飛んでいたのでしょうね。

いなごって美味しいんですか?

生きてるいなごは何度か見た事があります。

でも、食べたことはないですね~(笑

どのような味付けをするんでしょうか?

で、これは「ばりばりむしゃむしゃ」と丸ごと一気に食べるんでしょうか?

たとえて言うならば、どんなお味ですか?興味津々です!!

オコジョさんへ

いなご、オコジョさんも苦手ですか。
母達の世代は、学校でイナゴを捕まえ、その収益金で学校の備品などを買ったそうです。
生きたまま鍋に入れるのではなく、羽と後ろ足(?のこぎりのような部分)を取ってから煮たそうです。
母云々は、夫も含め、息子達の口の悪さから来る言葉です(涙)



seikoさんへ

勿論美味しいです。
九州にイナゴはいないのかしら。
こちらでも道の駅などで見かけますが、そういえば九州では見かけなかったかも。
佃煮です。
いかなごとは何文字か共通しますが、別物よ。
魚と虫だものね。
一度食べたら御気に召すと思うんだけどな~
勇気なんか必要ないって(笑)

えむりさんへ

おかえりなさい。
実家の近くまで?
海かな、山かな。
アップを楽しみにしていますね。
えむりさんもダメ?
美味しいのにな~。
友人の話では、今年はやけに多いんですって。
田んぼの畦道を歩くと、足元から大群で飛び散るそうです。

すまいる☆さんへ

佃煮なので、味は甘辛です。
食感は、モソモソかしら。
お腹の辺りのムギュッとした感じがイヤだって言われます。
そこが美味しいんだけど。
茹でて油で揚げて、砂糖と醤油とお酒で煮るらしいです。
例えて言うなら・・・小さなワカサギの甘露煮かしら。
どこかで見つけたら勇気を出して食べてみましょう(笑)

こんにちは

v-22イナゴとバッタは似てるけど違うのよね。
小学生の頃読んだ児童書でイナゴを知りました。
v-87体の弱い母親と兄と妹の子供たちは、終戦のあと中国から引揚げてきて親戚の納屋の2階に暮らします。
母親は病気で薬代もなく(栄養失調からの)失明しそうになります。
兄妹はイナゴが良いと聞き、稲のたんぼで一生懸命探します・・。
感動したなつかしい~本です^^

アメジストさんへ

九州にはやっぱりいないのね。
どこの田んぼにもいるわけじゃないんだね。
昔は、卵と同じくらい優れた蛋白源だったんですって。
1日3匹食べると充分、なんて父が言っていました。
3匹では止められません。
美味しいんだよ~。

イナゴの佃煮、今は貴重品のようですね。

僕も、子供のころ、田舎で食べた経験があります。
美味しかったような気がします。子供の頃は、栗の木や楢の木の幹内にいる幼虫を焼いて食べたり、干したマムシを、
食べたりして時代ですから、イナゴを、
食べることに違和感はありませんでした。
友達と一緒にイナゴを多量に捕まえていた
思い出がある。

権兵衛さんへ

おはようございます。
権兵衛さんは、経験者ね。
私は、幼虫を焼いて食べた経験はないです。
それは無理・・・って、イナゴも同じようなものかもね。
帰省の時は、父母や親戚の人たちでイナゴ談義に盛り上がりました。

ヾ(@⌒ー⌒@)ノこんにちは~♪

イナゴは未だ食べたことがないですが・・・苦手かもしれません。^^;
昨年の12月ですが 都内の大きな公園でイナゴを捕っている人たちがいました。ビニール袋には たくさんのイナゴが・・・食べるとみると美味しいのでしょうが 食べるまでの勇気がいるのかも。 でも 息子さんのお弁当にイナゴをのせて・・・ゴキブリがいるには クスッ ですね。
それで 息子さんお弁当は食べてこられたのかしら?

台風がきてますが 嫌ですね。 こむぎさんも気をつけてくださいね。  (*^-^*)

ケラさんへ

都内の公園でイナゴですか・・・
初めてだと、こんなものを・・・と思うかもしれないけど、食べたら美味しいわよ。
どこかで試食があったら是非口にしてみてね。
息子は、お弁当の蓋を慌てて閉じたそうです。
そのまま食べずにお持ち帰りでしたv-411
台風が日本縦断のようですね。
今はまだ雨が少しだけですが、明後日にはどうなることやら。
被害が出ないといいですね。

おぉ~ イナゴ談義に盛り上がってますね~^^
子供の頃つくだ煮食べたことあるけど
やはり、その形を見てダメだった!!
それ以来食したことないけど、今なら食べられるかも。。。
でも、この辺りでは田んぼがないからイナゴもつくだ煮もみられないわね。

最後の一行に クスッ で~す^^

麦さんへ

やっぱりダメな人が多いね。
私はお土産を独り占めできるから嬉しいわ。
でも、あの形じゃなければ食べられると思うな~。
粉々にしてみる?
ふりかけなんていうのもありかもね。
でも私・・・あのお腹がグニュッて言うのが好きなんだわ。

食欲の秋です。
気をつけましょうねv-16

こむぎちゃん、おはよ~~!!

長らく、ご無沙汰でしたぁ~~♬

いつから?
今月になって初めてのコメントだわ!!

↓ 気になる所がたくさんです。
六十里越街道・・・寒河江からちょっと行ったところかな?
多層民家・・・・行ってみたいです。
福島の大内宿ともまた違った雰囲気ね!!

月山ワインも気になります。「村民還元」ね!わかった!!

今年は、無理かもしれないけど・・・・
来年の楽しみが出来たわ♡


いなごもやっぱり鶴岡産ですかぁ~?
子どもたちとよくイナゴ取りしたわ!!

田んぼ近くに育ったのに、小さい頃はイナゴ取りしなかったので、子どもには・・・と。
嫌われました。 なんでこんなの楽しいの?ってね!!

いなごは、佃煮にしたものが売っていますが・・・
それは、ちょっとですぅ。。。

友人が作ってくれたイナゴは、シャリシャリで美味しいわ!!
今年も頼んでみよう~~っと。

みきちゃんへ

お帰りなさ~い。
忙しい1週間だったね。
六十里越街道は、庄内から内陸までの街道って言われてるね。
寒河江も通るね。
今回始めて知ったんだけど、実際の距離は40kmなんですって。
六十里と言うのは、中国流で換算すると(どんな換算法かわからないけど)60里になるとか、60歳の還暦を迎え、もう一度出直したいとの願いをこめて参詣したことからついたとも言われているんだそうよ。
この六十里、なかなかステキな街道のようよ。
イナゴは、お隣の町で取れたものみたいよ。
母の友人の友人が自分で取って煮たんだって。
>なんでこんなの楽しいの?
私も経験がないけど、イナゴ取りやってみたかったわ。
うちは男の子で虫好きだったから、イナゴ取りを経験させていたら「ゴキブリ」なんて言わなかったかもね。
失敗失敗!!
Secret

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック