生きるということ

92歳になった夫の叔父が入院しています。
叔父のことは、何年か前にブログに書いたことがあります。

7~8年前に、胸部大動脈瘤の大手術をしました。

自宅近くの総合病院では、年齢のこともあり手術はせずに経過を観察していきましょうとの診断でした。
叔父は、いつ動脈瘤が破裂するか分からず、不安を抱えながら生活をするのは嫌だと、積極的治療を望みました。

ある日、TVをみていて(NHKようこそ先輩)心臓外科の専門病院を知ったのです。
叔父は、すぐにコンタクトを取りました。


「生きたい」という強い意志で手術に望み、その後の経過も順調で今日まで過ごしています。
この外科医の「命ってなんだと思う?」は、簡単に答えが出ませんが、重い言葉です。


この度の入院は、心臓とは別の箇所です。
2ヶ月近くになります。
入院当初、あと1週間くらいでしょう・・・の医師の言葉は何だったのでしょう。
生命力の強さだけだったのでしょうか。

先週の日曜日のこと。
転院したいと言い出しました。
「この病院ではチューブで栄養を入れているだけで、何の治療もしてくれない」と言うのです。
死を待つだけの日々は耐えられないのです。

転院したいというのは、「生きたい」ということなのです。
死を受け入れられないというのとは違うようです。

年寄りのわがまま・・・と、放っておくこともできるかもしれません。

でも、私たち看病に当たっている者たち(身内のもの)は、叔父の希望を叶えてあげたいと思っています。
心安らかに最期の時を迎えられるように、後悔のないように、受け入れてくれる病院を探しています。

それと同時に、緩和ケアへの申し込みもしました。

「よく死ぬことは よく生きることだ」と、千葉敦子さんの言葉を思い出しました。

コメント

須磨教授は「プロジェクトX」で見ました。

健康で生きたいですね。
わたしもほっておけば、歩けなくなるか、下手をすると全身不随・・・
でも、手術して、足が重くて、バランスが悪いのですが、自分なりに山も歩けています。
それは、素敵なことです。

命を精一杯生きること・・・
それが出来るか、自分でもわかりません。
でも、出来るだけ前向きに生きたいと思っています。

なにか、自分のことばかりですね。

叔父様が精一杯生き抜くことを心から願っています。
こむぎさんも、支えになってあげてください。

オコジョさんへ

死に関しては、デリケートなことでもあるので、記録としては残したいと思ったのですが、コメント欄をどうしようか迷いました。
でも、オコジョさんにコメントをいただけて嬉しいです。
叔父は、年齢の割には頭がしっかりしていて、秩序立てて考える能力はまだ失われていないようなのです。
それだけに辛い面もあるのですが。
プロジェクトXは、ビデオにとって保存してあります。
「葉山ハートセンター」は、叔父にとっては命を救っていただいた病院で、須磨先生・磯村先生は神様のような存在なのです。
そこに転院を希望しているのですが、心臓のほうは何の問題もないので、不可能だと私たちは思っています。
それでも、明日磯村先生が会って下さるということなので、行ってきます。
さて、どんなお話しをいただけるか・・・

こんにちは

v-22ご看病色々とたいへんでしょうが、頑張ってください。
転院>>私の父も10年ほど前、大動脈乖離で救急で運ばれました。
一晩安静だけで観察だけでした。
痛がる父を一晩じゅう見ていてこれはおかしいと思って、
医者に夫が談判しました。
翌日は別の医師の判断で、救命救急へ移りました。
叔父様はご自分の決意もあられるようにしっかりしていらっしゃいますね。
良い方向へ向かわれますように☆

難しい問題でなんといっていいかわかりませんが、
叔父様ご自身が納得できる治療を受けることができたらいいですね。
どうぞお大事に・・・

アメジストさんへ

24時間ほとんど付き添っているので、叔母は大変です。
痛みや苦しみから解放してあげたい気持ちと、もっと他に治療法はないものかとそれを待つ気持ちでまわりも辛いですね。
元気に退院できる日が来ればいいのですが・・・

えむりさんへ

コメントしづらい内容でごめんなさい。
本人の意思が強固なので、それを叶えてあげる努力はしたいと思っています。

叔父様が、ご自分の望まれる治療を受けられて、元気になられますように、また23歳年下の奥様のためにも益々長生きされますように、心からお祈り致します。

権兵衛、「働くことしか能の無い高齢者」ですが、
人生の最後、その時の年齢に拘わらず「よい人生だった」と
思うと共に、家族に「ありがとう」の言葉を表明できれば、と願うばかりです。「こむぎ」「こむぎ」と、うわ言を言わしないかと、心配しているのですが・・・(笑い)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

権兵衛さんへ

ありがとうございます。
奥さんが若いので、大きな力になっています。(これも失言?)
>「働くことしか能の無い高齢者」
相変わらずの発言、困りますね。
権兵衛さんは「こむぎ」だけじゃなく、大勢のお名前が出てくることでしょうから呪文にしか聞こえないでしょう。
>家族に「ありがとう」の言葉を表明できれば、と願うばかりです
私もそう思います。

鍵コメさんへ

あっちゃー。
時遅しです(笑)
大丈夫だと思います。
ダメ?

こんにちゎ!!

身内に病人がいますと ホントに大変ですよね。
特に 奥様が大変でご心労なのではないでしょうか。
叔父様の納得のいく 治療が受けられると良いですね。
「生きるということ ・・・ 」段々年を重ねていくと
心に ずッしりと重い言葉となってきているように思います。   一日も速く快方に向かわれますよう祈っております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ケラさんへ

ありがとうございます。
そばにいる人は大変だと思います。
代わるといっても、叔母と同じようには出来ませんので、代わりにはならないようです。
いつでもスタンバイの状態にはしておきたいと思っています。
「生きる姿を見せるのは、子や孫にとって大きな贈り物」と言った人がいました。
重い言葉でした。

鍵コメさんへ

ご丁寧にありがとうございました。
こちらこそ、遅くなってごめんなさい。
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック