入学式

某高校の前を通ったら、今日は入学式だった。
昨日は、小・中学校の入学式。
まだまだ桜が歓迎してくれていてよかった。

最近の幼稚園や小学校の入園・入学式は、両親揃って行くのが普通らしい。
昨日の小学校の入学式にも、両親に挟まれ登校する姿がほとんどだった。
なんとも微笑ましく、喜びが伝わってくる。

びっくり!!
高校生も両親揃ってなんだ。
校門の前で、写真を撮っている。
3人並んで撮ってもらっている。

両脇の両親よりも背が高い。
小学生とは違い、手をつないでいる姿は見られない。

子どもの晴れの日にお父さん会社を休んでお祝いする。

育児休暇がとれる時代だから、たった1日休むくらいはどうってことない。

いい思い出になるんだろうな~。


びっくり!! その2
いや、どっきりだ。

20070406172702.jpg
これ、結婚式の引き出物。
やだ~。
両方とも引き換え期限が切れている。

ダメもとで、お客様センターに電話を入れてみた。
「大丈夫ですよ。なるべく早くお選びください」って。
よかった。

でも・・・
すごく欲しいものがない。
これならって思うものもない。

仕方がない。
無駄にするよりは、「魚沼産こしひかり」にでもしようかな。

誰でもが喜び、あげる側の個性が出ていて、いつまでも記憶に残る引き出物ってなんだろう。

自分でチョイスするのもいいけれど、誰からの引き出物かって、わからなくなるもの。

コメント

入学式

最近は、両親揃って出席が多いようですね。
昨日見かけました。
高校も?
選べる引き出物、いいようですが、いざとなると欲しい物がないですよね。
お米なら実用的でいいのですが・・・
去年アップした蛤で作った手作りのお雛様、引き出物では一番印象に残っています。
でも手作りは、大変ですね。

お祝い事

自分は親が出席したのは高校だけでした。
小学校は何故か叔母・・・
自分の子供は、入学式はなし、卒業は上と、一番下が、だぶって、一番下の幼稚園が一回、父親参観日も、仕事で、あまりいっていてません。大学は両親そろって、欠席です。多分、いくといっても、子供に拒否されます。

両親揃っていくのが、いいかどうか・・
でも、高校はどうなんでしょうか・・
子供の自覚の問題もあります。
下手に、結論を出すと恐いです・・・
人それぞれでしょうね・・・

通販の引出、欲しい物がないですね。
結局、食べ物になりますね・・・
記念としては残りません。

もっとも、物で貰っても、結局使わないものが多いですね。

出す場合も、考え込みます。

秋の息子の結婚式はどうするのか・・・
口は出しません。

思い出

入学(入園)式、卒業(卒園式)は本人にも家族にも、嬉しい日ですね。誰が何と言おうと、親の出席は当人達で決めればいいことですね。当日の喜びと、ともに、この日の感激の想い出は、何時までも残っています。
高校のとき、親父が出席してくれましたが、
それは、ともかく。全上級生達が、対面式で
校歌をブラスバンドとともに合唱して
歓迎してくれたときは、感動で体が震えたことを、覚えています。
引き出物は、物としては気に入るもは少ないですが、「気持ち」として有りがたく貰うことにしています。(ちょっとキザですね)

もう・・・そうですか

そんな時期になりましたのね。
年々そんな行事にはご縁がなくなってきましたのでつい忘れてしまいます。

結婚式の引き出物でカタログがはやりだしたときには荷物にもならなくて、必要なものがいただけて便利そうにとも思いましたが、よくよく見るとそんなにほしいものがないですよね。
お二人で選らばれたものを頂いた方が記念になっていいのかもしれませんね。

えむりさんへ

高校生も・・・です。
親の希望なのでしょうね。
引き出物の蛤のお雛様、すてきでしたね。
いつまでも覚えているものって、嬉しいですよね。
選ぶのは、心がこもらない感じですね。

オコジョさんへ

私は、母が小学校の教員でしたので、小学校も中学校も同じ日に入学式があったため、出席してもらえませんでした。
その代わりは、祖母でした。
高校で、初めて母が出てくれた時は、嬉しかったのを覚えています。
わが子の場合は、高校まで私が出ました。
父親は、当時は会社人間でした。
それぞれ家庭の事情もありますね。

引き出物、結局食べ物を選びました。
消えてなくなるものもさっぱりしていていいかもしれないです。

父親が、学校行事いろいろなのに
参加できるような会社になって欲しいです。
我が家は、無理かも。。出産にだけは
立ち会って欲しいなぁ。会社休んででも・・

引き出物のカタログで選ぶのって
かなり迷いますよね。
今までに我が家がもらったのは
包丁。 家庭の医学の本。
他にも、後4回ぐらいはカタログだったけれど普段、目にしていないとすっかり忘れていますね。

権兵衛さんへ

そうですね。
家庭によって、いろいろな考え方がありますから、それぞれがよい方法をとればいいのだと思います。
みんな嬉しいから行くんですものね。
引き出物も、受け取る方の気持ちもそれぞれですから、形式的になっても仕方がありませんね。
「びっくり」つながりで書きましたが、「思い出」つながりになりました。

nonchanさんへ

自分の家に当事者がいないと、いつの間にか通り過ぎていることってありますね。
昨日も今日も、たまたま出先で見かけました。
うちは、子どもたちが結婚年齢なので、友人の結婚式に出ることが多く、カタログが何冊かあります。
期限切れが2冊もあり、無駄にしてしまったかと思いあわてました。
ある方は、学生時代の友人でしたが、少人数だったためか、一人ひとりに違った引き出物を出されたそうです。
息子には、「シューズクリーニング」のセットでした。
選ぶのは大変な作業だったと思いますが、心のこもったお返しでした。

matomatoのまま さんへ

若い方らしく、ステキな願いですね。
叶うといいね。
少子化対策の一環になる一コマですね。
新しい家庭を持ち始めた人や、これからという人には、このカタログ方式はいいかもしれないね。
家庭の医学・・・ベストチョイスだね。

オコジョさんへ

あれ?
私が見逃していたのかしら、こんな大事なコメントを。
おめでとうございます。
秋ですか?
今年は、わたしの身の回りでも結婚ラッシュです。

スーパーで親子連れをみて、行事がわかるくらいお式とは、とおくなりましたが、
入学式の桜は本当に、ぴったりのお祝いと、おもいます。

 母親も消えものといって、小さいパックの、佃煮せんもんです。
 お葬式の志もこれになりました。

おはようございます

最近の引き出物はそういう傾向にあるんですね。
ワタシも困ってしまい、どんこの干ししいたけにしました。
送られてきたものは、それはりっぱなもので・・
ふだんは安売りのものしか買ったことがないので、大変重宝しました。
しかし。。。ワタシも欲しいものは意外とないものだと実感しました
今の生活にある程度満足しているのかもしれないと・・・思った瞬間でもありました。

おはようございます!

入学式で..
思いだしたニュースがあります..
その小学校の新入生のかなりが外国籍だとか..
これから、日本もそうなっていくのだろうなぁと
思いました..
少子化問題は、この多民族国家で..
解決ですよね..簡単ですよね..
(頭が単純なので、簡単な話になって
しまいました..苦笑)

水戸小紋さんへ

昔の引き出物は、大きさと重さに拘ったようですね。
親の代では、お砂糖や器が多かったように思います。
あまり物に不自由していない今は、「消えもの」がいいのかもしれませんね。

Megさんへ

どんこ、いいかもしれない。
私も普段は「形不揃い」なんていうのを買っています。
厚いどんこ、あるかどうか探してみよう。
どうしても欲しいものは、買ってしまうものね。
先日夫がジューサーを買ったんだけど、カタログを見てたら、あったのよ。
カタログの方がシンプルでよかったかも。
欲しいものがあったら、まずカタログ検索だわ。

humsumさんへ

あ~、そうですね。
昨日行った市役所にも、外国人カップルがいました。
この人たちを見たからって、・・・早計ですね。
生き方が多様化しているので、右倣えの強制はいけませんね。

ムスメは来年春に受験ですから、来年は卒業と入学があるコトになるのか。。
否応なく我が家は私ひとりです。
たぶん、ムスメの高校入学式、再来年のムスコの中学の入学式までは生きていたかったでしょう。
これも運命です。
写真と一緒にお祝いしましょう。。てか。。祝えるといいな。。(汗

docomoの期限切れ間近のポイントでチーズケーキを頼みました。楽しみ~
でも、結婚式の引き出物はカタログは。。賛否両論のようですね。
私はなんでもいいからモノをもらう方がいいです。
使うたびにそのヒトの顔が浮かびます。

hiromiさんへ

hiromiさんのところは、卒業・入学ラッシュだね。
ヒゲクマさんがいつも一緒じゃない。
しっかり手を握って登校するよ。
受験の時も、そっと教えてくれるかもしれない。
絶対合格だね。
docomoのポイントで品物との交換も出来るんだね。
auも同じかな~。
引き出物は、気に入らなくても「こんな必要のないものを・・・」と、いつまでも覚えてもらえるのもいいかもですね。
記憶に残る、お返しね。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック