北海道 お終い

叔父のお見舞いの後、昼食へ。

従弟にジンギスカンはどうかと聞かれ、連日たらふく食べている体にはちょっときついかなと思ったけど、折角のお誘いをお断りするのも申し訳なかったので、連れて行ってもらう。

ちょっとだけ郊外になるのかな~?

あの大通り公園の喧騒とはまるで別世界。

白樺並木を通り、着いた先は
P6140194a.jpg

P6140198a.jpg

P6140199a.jpg

ジンギスカンって、肉をたれに漬け込んだものと生肉を焼いてからたれをつけて食べるのと2種類あるんだって。
私は今まで、たれに漬けてあるのを焼いて食べたことしかなかったので、今回の生肉はお初。

お皿に山盛りされたお肉には一瞬ギョッとしたけど、食べられちゃうんだね~
行者ニンニクやこの時期のアスパラ・タケノコがとっても美味しかった。

羊ちゃんがお散歩していなくてよかった。
羊の姿を見たらジンギスカン、食べられないよね。
って、そんな話をしたら、いけすの魚はどうなんだ?・・・
私の中ではそれは別物。



今回は宿泊のことや夫の仕事関係のこともあり、2泊しかできなかったけど、充実の3日間だった。

写真の整理をした中から何枚か持ち帰ってきた。

よい時を持たせてくれた母方のいとこたち(父方にいとこはいない)。
P7020186a.jpg

亡くなった兄が撮ったらしい。
私が居ないとか俺はどこ?って探してたけど、この時点でまだ生まれていない子が3人。

下の写真は、母の姉妹。

抱っこされている子が26年生まれだから、同じ時に撮った写真なら夫は5~6歳かな?


凄い写真が出てきた。
P6280156.jpg

抱っこされているのは兄。
抱っこしている人はおばあちゃん。
父は下の右端。
イケメンだよね。
太ってつるっぱげの父しか知らないので、びっくりだわ。
母は上の左端。
下段眼鏡の人は叔父。
あとは知らない。
私が知らないだけじゃなく、だれも知らなかった。
父方は早死にした人が多いらしいので、夫が生まれる前に他界していたのだと思う。

こんな写真がいっぱい出てきて、法事の席ながらとても賑やかな時間だった。
「偲ぶ」という意味じゃ、よかったんだよね。

コメント

No title

良い旅だったようですね。
こちらも楽しませていただきました。

北海道は20年ほど前、会社の慰安旅行で行ったのですが、飛行機で気分が悪くなり、ジンギスカンの夕飯はパスしました。だからまだ食べたことがないんです。付け合わせのお野菜に興味があります。

写真>>どんな写真にも歴史がありますね。家族写真は撮っておくべきだと、改めて思いました。

ぼんさんへ

目的が法事でしたので、あちこち観光というわけにいかなかったのですが、4月に良い時間が持てました。

私は飛行機が苦手。
揺れたりしたら最悪です。
ジンギスカンが食べられなかったのは残念だったね。
それもいい思い出?

自分の写真を捨ててしまおうと思っていたのですが、私も今回の残された写真を見て、捨てずにとっておこうと思いました。
ことあるごとに家族写真を撮るの、いいですよね。
最近は、人物を入れない写真がほとんどです。

おはようございます

北海道の旅、おつかれさまでした。
しみじみな思い出も増えてよい旅でしたね。
昔はことあるごとに正装の写真もちゃんと撮ってあってすてきですね。
写真、けっこう撮るので割とすぐ印刷します。
ピクチャーってたまに整理しないととんでもない量になってます・笑

アメジストさんへ

写真がたくさんあり驚きました。
もう夫の実家には後を継ぐ人がいないので、兄が亡くなる前に大処分したのですが、その時に捨てなかったものがまだ随分あったのです。
兄夫婦のものは姪が処分するとしても、それ以前のものは夫の役目。
一通り見て、後はお焚き上げにすることになりそうです。
私は最近は、印刷するのは少ないです。
でも、紙で見るのはまた違いますね。
今、本のようなアルバムがお安くできるようです。

No title

いい集まりのようでほんとうに良かったです。

旧い写真にもいろいろ歴史があり
自分たちが今生きている証ですね~

繋がり、絆 親戚なんて面倒っていう方も少なくありませんが、
こむぎ家はこうした繋がりがあり
昭和生まれの絆が深められましたね!

夫婦の話題も多くなるきっかけですよぉ~

nabe家も本家ですが、末っ子のため、昭和元年生まれの兄は、すでに他界し
次いで次兄も他界、嫁いだ姉とnabeさんだけになりました。
従兄弟や従姉妹は、やっぱり今でも兄弟姉妹のようなお付き合いしてますけど・・・・
甥や姪は、歳が離れていて遠くに住んでいると
祖父母のご法事にはねぇ~

だんだん繋がりさえわからなくなっていくのでしょうか、貴重なお写真大切になさってください。
若かりしころは全く興味がなかった家系図も・・・・・
s48年に亡くなったnabe家の父が書いたものがあるので
そこから先はnabeさんのお役目。
元禄から平成まで、、、12代目です。


みきちゃんへ

こうした時を過ごせるようになったのも、年齢によるものが大きいかもしれませんね。
写真はたくさん残されていました。
母が晩年、少し整理したらしく、アルバムに年月と人物名が記されているものもあり、そこからまた話が広がったり、みきちゃんが言われる「繋がり、絆 」ですね。

義母はいろいろ書き留めるのが好きだったらしく、日記も出てきたんですよ。
父を(夫)を戦地に送り出す前の日の日記が涙を誘いました。

家系図らしきものも書いてありました。
家系図と言っても、母を中心に自分と血縁がある人だけ。
だから、嫁の名は全員無し。
うちの息子が4歳と2歳になっていたので、弟妹のそれ以降に生まれた孫の記載はないの。
私が続けて書いていこうかしら。
でも、私の名がないんだものね。
孫曾孫合わせても追加は6人だけだわ。

nabe家は12代目ってすごいね。
みきちゃんのご実家も歴史あるし、長い長い家系図になりますね。
いつか、「昔の時館」にお邪魔したいです。

No title

北海道で食べるジンギスカン、美味しいですよね
私 マトン苦手なのですが北海道のジンギスカンは食べられます^^

実家の両親が亡くなった時 
写真が沢山あっても、私に分るのは限られているし
叔父や叔母たちにも分らない物が多かったです
分る人がだんだん少なくなっています、仕方ないですけどね

法事の時は久しぶりに会う親類たちと賑やかに近況報告したりして
仏様も「楽しそうにしているな」と安心してくれるのではないでしょうかね。。。。。


小麦さんへ

こちらでは、ジンギスカンを食べに行くということが日常的にはないので、お取り寄せとかお土産で食べます。
あのお鍋がないのでフライパンで(笑)
おいしさ半減ですよね。

>仏様も「楽しそうにしているな」と・・・
そうですよね。
兄は少し早く逝ってしまったと思いますが、年齢順にすると順当です。
義姉は賑やかなことが好きでとても陽気な人だったので、きっと話の輪に入りたがってると思います。

写真は徐々に処分するつもりです。
わが子に残しても「知らない人ばかり」の写真でしょうから。

No title

こんばんは〜!!

意義深い帰郷となられて良かったですね。
正装のお写真、ホントすごいですね。
ご長男さんのお祝いの日のものでしょうか。
ご婦人がたはその頃まだ丸髷?結ってたのかしら。
それともめでたいこの日のための髪型なんでしょうかしらね。

うちの実家の方でも今だに、孫振舞いといって、初孫のご披露宴を親戚や近隣を集めてやる風習があります。
さすがに正装ではないみたいですけど・・・。
但し男の子だけ。。
この家の跡取り、の紹介と云う事なんでしょうね。

写真ね〜、、
全て処分しようと思ってたけど
毎年の新年会で妹たち家族との集合写真くらいは残しておこうかな。。と考えが変わりました〜^^

麦ちゃんへ

正装して撮った写真は、何かのお祝いですよね。
髷の写真がたくさんあり時代を感じますが、「夫の母」・・・なのでそう昔のことではないよね。
商売をやっていたので、男の子が生まれたのは大きな喜びだったのかもしれません。
その喜びと期待通り、兄は忠実に家業を継ぎました。

親戚同士は、写真から会話が広がるようです。
集合写真は撮って取っておいた方がいいですね。
「紙」で残すのがいいと思いました。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック