コブサラダ

先週の父の日に、子供たち家族も集まり炭火焼きパーティーをした。

七輪がプレゼント。
P6210238.jpg

BBQセットって出したりしまったりが面倒で、夫と二人ではやる気にならない。
この七輪だったら手軽だ。

この日は魚の干物中心に野菜も焼いてくれた。

雨がかなり降ってきたので、ガレージの中と家の中に分かれたけど、この方は外組。
P6210236.jpg

息子がサラダを作ってくれた。

P6210223a.jpg

コブサラダって言うらしい。
何のことはない。
いろんなものを揃えて並べただけ。
エビ・鶏肉・マッシュルーム・茹で卵・アボカド・ベーコン・チーズ

コブサラダのコブって、シェフの名前なんですって。
知らなかった~
『1930年前後、ハリウッドのレストランオーナー ロバート・H・コブさん(愛称ボブ・コブさん)が常連客のために、ありあわせの素材で作った「まかないサラダ」がコブサラダの原点。その後、人気メニューとして発展し、アメリカ西海岸を象徴する定番のサラダメニューとなりました。コブサラダは、野菜や鶏肉などいろいろな素材をつかったボリュームたっぷりのサラダです。』と、キューピーマヨネーズのHPに記されていた。

さて、今夜はコブサラダにしようかな。
サラダとは言え、鶏肉とエビをしっかり入れたらメイン料理になるよね。


     

北海道 お終い

叔父のお見舞いの後、昼食へ。

従弟にジンギスカンはどうかと聞かれ、連日たらふく食べている体にはちょっときついかなと思ったけど、折角のお誘いをお断りするのも申し訳なかったので、連れて行ってもらう。

ちょっとだけ郊外になるのかな~?

あの大通り公園の喧騒とはまるで別世界。

白樺並木を通り、着いた先は
P6140194a.jpg

P6140198a.jpg

P6140199a.jpg

ジンギスカンって、肉をたれに漬け込んだものと生肉を焼いてからたれをつけて食べるのと2種類あるんだって。
私は今まで、たれに漬けてあるのを焼いて食べたことしかなかったので、今回の生肉はお初。

お皿に山盛りされたお肉には一瞬ギョッとしたけど、食べられちゃうんだね~
行者ニンニクやこの時期のアスパラ・タケノコがとっても美味しかった。

羊ちゃんがお散歩していなくてよかった。
羊の姿を見たらジンギスカン、食べられないよね。
って、そんな話をしたら、いけすの魚はどうなんだ?・・・
私の中ではそれは別物。



今回は宿泊のことや夫の仕事関係のこともあり、2泊しかできなかったけど、充実の3日間だった。

写真の整理をした中から何枚か持ち帰ってきた。

よい時を持たせてくれた母方のいとこたち(父方にいとこはいない)。
P7020186a.jpg

亡くなった兄が撮ったらしい。
私が居ないとか俺はどこ?って探してたけど、この時点でまだ生まれていない子が3人。

下の写真は、母の姉妹。

抱っこされている子が26年生まれだから、同じ時に撮った写真なら夫は5~6歳かな?


凄い写真が出てきた。
P6280156.jpg

抱っこされているのは兄。
抱っこしている人はおばあちゃん。
父は下の右端。
イケメンだよね。
太ってつるっぱげの父しか知らないので、びっくりだわ。
母は上の左端。
下段眼鏡の人は叔父。
あとは知らない。
私が知らないだけじゃなく、だれも知らなかった。
父方は早死にした人が多いらしいので、夫が生まれる前に他界していたのだと思う。

こんな写真がいっぱい出てきて、法事の席ながらとても賑やかな時間だった。
「偲ぶ」という意味じゃ、よかったんだよね。
     

花が咲きました

狭小庭に植えた野菜の収穫がそろそろです。

今朝起きたらゴーヤの花が2個
P6200213.jpg

ハチさん、一生懸命働いてね。


ミニトマトは今までで3個収穫しました。
ちょっと高めの苗を買ったのに全然元気がなく、これは実を買った方が安上がりだわと愚痴っていたらやっと花が咲き始めました。
P6200215.jpg

ピーマンも1個収穫。
2本で150円の苗だったのであまり期待してなかったけど、元気いっぱい。
小さなピーマンがたくさんついています。
P6200218.jpg

わが家の菜園の情報でした。



もうこれくらいで・・・
というくらい、あちこちからたくさんいただいた梅。
今年はどこも生り年だったのでしょうか。
昨日もいただき、今朝からジュースとジャム作りです。

完熟の梅はジャムにして。
P6160207.jpg


冷蔵庫の野菜室がやっと空席ができました。
ゴロンゴロンしてたのはズッキーニ。
P6090088.jpg

大根が標準以下でズッキーニが標準以上。
季節のものは収穫時期があるからドドーンと来るのはしょうがないね。

梅もズッキーニも、あとは来年よろしくね。
     

北海道(札幌)

3日目
前日の呑み食いのせいで、寝坊してしまった。
気づいたら7時過ぎ。

8時の札幌行バスに間に合わない。
急いで朝食を摂り、8時半の高速バスに乗る。

札幌には、夫の両親の兄弟で唯一生存している叔父が入院している病院がある。
従弟に連れて行ってもらうために、12時に待ち合わせ。

その前にちょびっと観光。

バスは「日本三大がっかり観光地」の札幌時計台で停まる。
せっかくだから、入ってみる。

P6140126a.jpg

ちゃんと現時刻だよ。
P6140129a.jpg

入場料200円。

そもそも時計台って何?

簡単に言えば、札幌農学校(現在の北海道大学の前身)演舞場として建設されたもの。
当初(明治11年)は時計はつけられていなかったが、明治14年に時計塔を設け時計機械を据え付けたんだそう。

P6140140a.jpg

P6140131a.jpg

P6140139a.jpg

P6140138a.jpg

掃除しているオジサン。
P6140148a.jpg

三大ガッカリとは気の毒。
私は200円でそれなりに楽しめたよ。


外に出たら馬車が。
P6140154a.jpg



実は札幌に宿泊したかったのに、ホテルはどこも満室。
帰りの飛行機も満席。

そのわけはこれ。

大通公園にはテントがいっぱい張られ
P6140162a.jpg

これだった
P6140160a.jpg

約束の時間まで見ることにする
少し早めに旭川を出たのは、これを見たかったこともあったんだ~

270チーム、27000人が全国からやってきて踊るんだって。
5日間にわたり、あちこちの通りでやるので通りすがりにはちょっとわかりづらかったけど、近場で何組か見ることができた。

P6140174a.jpg

P6140167a.jpg

P6140169a.jpg

P6140182a.jpg

P6140187a.jpg

P6140192a.jpg


P6140191a.jpg


いろんな動物のがあるけど、これって北海道限定なんでしょうね。
P6140164.jpg

叔父を見舞った後に昼食。
北海道最後の食事はまた明日。
     

北海道(旭川)

今年2度目
4月は義姉の葬儀。
今回は義兄の一周忌。

義姉は義兄の一周忌法要の準備を整え、参列する人すべてに連絡し終え、それから間もなくこの世を去ってしまった。
うちの息子たちには無駄に明るい伯母さんで通っていた義姉。
せっかちだった義姉。
そんなに慌てて夫のところに行くことなかったのにね。


12日
朝一番便に乗るために家を4時半に出た。
電車も順調に運行し、羽田に着いたのが6時少し前。

搭乗手続きを済ませ、荷物を預けるために長い列に並ぶ。
出発まで時間がないんだけど・・・

手荷物とボディーチャックの列も大渋滞。
大丈夫か?

優先的にチェックする列に並びなおし。

搭乗口まで駆け足。
駆けている途中で「搭乗手続きがお済みの○○様・・・」と、アナウンスされてしまった。

こんなこと初めて。

私たちの後からも2~3組ギリギリの人がいた。

早朝でも空港は人であふれていた。

わが家から一番便に乗るのはかなり厳しいことがわかった。



1日目
・従妹の家 叔母さんの仏壇にお参り
・お墓掃除、お参り
・夕食を姪家族と
   町家 
 義姉と姪が最後に食事した場所だって。
 女子好みの目も舌も楽しませてくれる、また行きたいお店。
 写真を撮らなかったのが悔やまれる。


2日目
・法要、会食 
   花まる亭    
 義姉が早くから予約したお店
 メンバーは義兄のいとこたちがほとんど
 義兄が一番年上で戦前っ子
 あとは皆戦後っ子
 姪は一人っ子で年齢的には私たちに近いので、いとこたちの中にいても違和感がない。

・従妹の家に流れ、一休み。
・7時から予約の居酒屋さんへ
  これぞ北海道!!
  美味しいものをこれでもかというくらい食べて飲んだ。
・場所を変えケーキでお茶
  久々の午前様


初日に従妹宅に向かう途中。
旭川 買物公園
P6120099a.jpg
Wikipediaより
『平和通買物公園(へいわどおりかいものこうえん)は、北海道旭川市のJR北海道・旭川駅前から8条通に至るまでの約1kmに渡る歩行者天国である。(道路幅員:20m)1972年6月1日に日本初の恒久的歩行者天国として開設された。』


サックスのおじさんを見つめる猫
P6120096a.jpg


夫がかつて通った小学校が公園になってしまった。
P6120089a.jpg
 
P6120091a.jpg
街中のオアシス。




     

願いが叶った

昨日、梅が届くといいな~って書いたけど、届きました~

3キロも。
早速半分を冷凍し、梅ジュースを作る準備。
冷凍すると梅の繊維が壊れ、エキスがたくさん出るんだって。
しかも発酵が抑えられるのでブクブクがでません。

梅と一緒に玉ねぎとじゃが芋もいただいちゃいました。

菜園を借りて野菜を作っている友人のご主人、いい趣味をお持ちだわ。

私からご主人へプレゼント♪
P6080083.jpg

アームカバーが欲しいって言ってたから。
夏場の畑仕事は暑いし蚊に刺されちゃうから必需品なんだって。


刺繍もできました。

P6080077.jpg

殺風景なトイレに飾りたいと思って作ったの。
友人が作ったのをまねっこしたんだけど、出来あがりの感じが随分違ってしまった。
まぁ、個性ということで。

額は、フリーマーケットで100円で買い、刺繍をやっているこの友人にプレゼントしてあったんだけど、戻ってきました。
糸も布も友人が準備してくれたので、ありがとう♡です。

お返しに、5匹300円で買ったサバをシメサバにしてあげました。
うちと半分こね。

何だか物が行ったり来たりです。
     

この時期に作りたくなるもの

6月、狭い庭を賑わしてくれているものに「シソの葉」と「ラズベリー」があります。

シソの出始めは、狭小菜園を絨毯のように埋め尽くします。
私の朝一の仕事は、朝食のサラダに小さなシソを抜き取ることです。
その甲斐あって、残りのシソは大きく成長しています。

今日は大きい葉を60枚ほど摘み、シソ巻きを作りました。
P6070071.jpg

甘味噌を巻いて、油で揚げます。
これはまだ揚げる前。
日持ちしますが、あっという間に食べちゃいます。


所構わずどんどん増えていくラズベリー。
ほかの植物を絶やしかねない勢いなので、去年の秋に大方引き抜きました。

わずかな収穫だけど、ジャムが一瓶出来ればいいので、今くらいの本数で十分。

ヨーグルトムースのソースは作りたくなるの。
P6070074.jpg

明日友人が来るからおやつにしよう。

多分・・・たぶん・・・
梅を持ってきてくれるような気がする。

どうぞ持ってきてくれますように・・・
     

雨の日は手仕事

刺繍は久しぶり。
P6030062.jpg

アクリルタワシ。
P3090081.jpg
まだ夏なのに枯れ葉?・・・と言われた。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック