大処分

今日の片付けは、昨日に引き続き本類。
屋根裏部屋(ロフトなんてカッコいいものではない)に押し込まれた本を引っ張り出し、捨てる準備。


IMG_1379.jpg

絵本は前にも一度捨てている。
捨てきれずに取ってあった本も、変色もしてるし装丁も傷んでる。
思い切ってさよなら。
それでも・・・大好きだった「ノンタンシリーズ」「はらぺこあおむし」「ちいさいおうち」は、今回もまた本棚に納まった。

思いっきりよく紐で縛ったのは、夫が学生時代に使ったのであろうギターの本。
私の新婚時代の先生だったお料理本。

家が広かったら捨てずに済んだんだけどね。

毎月購読している本がある。
結婚間もなくからずう~っと。
本棚だったりテーブルだったりキッチンの調理台だったり、いつも目に付くところにおいてある。

3年分は取っておき、年末に1年分を処分していたが、今回は今年の分だけを残し処分することにした。
IMG_1383.jpg




今日はもう体力の限界。
寄る年波には勝てません。


おやつは、前橋産の高原花豆。
IMG_1384.jpg

もうすぐ新豆が出るのに、まだ大事に抱え込んでいた。
今日から食料品の在庫整理。


     

リフォーム 5

今日まで、打ち合わせ8回。
契約を交わした。

当初の予算をオーバーした。
予算に近づけるために、今回は見送ったところもある。

予算オーバーは、
システムキッチン
南側の窓(戸)のペアガラス
床板
が主。

取りやめにしたのが、
LDKのシステム収納
玄関収納
洗面台
が主。

キッチンは、かなり時間をかけ検討した。
IHにするかガスのままか。
カウンター付き対面かフラットか。
IHかガスかは、最後の最後まで迷った。
迷った末の結論は、今まで通りのガス。
(その理由については、追々書くことにする)
オープンのフラットタイプを夫の強固な希望で選んだ。

着工は市からの認可が下り次第(耐震工事の補助金交付があるため)。


工期約1ヶ月。
1階にある荷物を全部2階に上げなくてはならない。
その準備が大変。
先ずはどうするんだろう・・・




日向薬師へ
IMG_1368.jpg
よい場所なのでしょうね。
次々にやって来ます。
IMG_1370_20080928230314.jpg
もうピークは過ぎているようでした。


我が家のピークはこの方たちです。
IMG_1375_20080928230543.jpg
みかんの葉っぱが大好きみたいよ。
可愛い顔してるでしょう。
ダメ?





     

~運を呼ぶかも・・・?~

たまたま入ったピーナツ屋さんでみつけました。
IMG_1349.jpg

フに○が付いていますから、食べても大丈夫だと思います。
本物は見たことがありませんが、こんな大きさなのでしょうか。
IMG_1350.jpg



それにしたって、何でこんな名前?

近く、丹沢山系に生息しているので、「いのしし鍋」が有名なのは知っているけど。

「最初はいのししのふんというネーミングでしたが、あまりにも汚らしいイメージがありますので、洒落ていのししのプンとなりました」ですって。

でも、これがまた美味しいんです。
黒砂糖とピーナツでできています。


「新製品があるんですよ」と。
IMG_1348.jpg
「私とじゃんけんして勝ったら差し上げます」
勝っちゃいました。

まだ開けていないけど、お店で一粒試食しました。
何とも微妙な味。

毎月新製品が出るらしく、その都度じゃんけんをして勝った人にプレゼントなんですって。
評判の良かったものを定番にするのかしら。
ここの社長さん、自ら「新しいもの好き」とおっしゃっています。
     

工芸の会

月に1回の工芸の日。

このところ忙しくしていたので、すっかり忘れていた。
朝、友人からの「今日行く?」の電話に「どこに?なんかあったっけ?」と。
忙しいって、やっぱり心を亡くすね。

急いで支度をした。
今日のような爽やかな日は、自転車に限る。

途中の田んぼは、稲刈りの真っ最中。
IMG_1352.jpg
あれ?
小田原⇔厚木道路の陸橋の上から撮ったけど、ここは未だ刈っていないね。


今日の工芸は、先月に引き続きシルク染め。

スケッチの苦手な私は、前回同様、紙を切り抜いた図案でやった。

IMG_1357.jpg
このエプロン、真っ白だったんだけど、あちこちにシミができ、廃棄処分かなと思っていたんだけど再生した。
どうかしら?

今日のおやつ
黒糖で煮た栗
IMG_1364.jpg
     

リフォーム 4

耐震の診断結果が出たので、その改修工事の見積もりを出してもらった。

家の中もリフォームし、柱や壁をとるため、残す壁にも新しく筋交いを入れてもらう。

解体し内装する費用を加えると、約130万円になる。
市からの助成金が下りるので、実質約80万円。


内部のリフォームのプランを出してもらう。
現在和室のところをLDKとつなげる。
ウォークインクローゼットをつける。
キッチンの設備を変える。
等が、大きな変更。

設計士さん、プランナーさん、コーディネーターさんと、この1週間で少しずつ煮詰める。

一昨日は、見積もりを出すためにキッチン設備のショールーム、2箇所に行ってきた。
値段の高いものは、それなりにやっぱりいい。
初めにいいものを見てしまったのが失敗の元。
グレードダウンが難しい。

2箇所で、それぞれ気に入ったものの見積もりを依頼する。
(こういう手続きは、一緒に行ったコーディネーターさんがやってくれる)

昨日は、プランナーさんがやってきた。
開口1番「やはりいいものを選びましたね。予算をかなりオーバーしそうですよ」と。


「見積もりは数箇所で取ってもらいましょう」・・・と、よくいわれる。
でも、この打ち合わせがかなりエネルギーが必要。

別の業者で同じ時間をかけて見積書を出してもらう気力が、私たちにあるだろうか・・・

未だ契約は結んでいないが、何度か顔を合わせている限りでは、誠実さが伝わってくる。

不満が残らないように、契約前の段階でどんどん要望をだしていけばいいのかな。

明日は、昨日の変更点や設備を入れた見積書が出来上がる予定だ。

     

軽井沢方面 花と山

出来るだけ名前を知りたいと思い、色々調べては見たけど、むずかしい。
う~む・・・微妙に違うな~

これからも引き続き調べると言うことで、とりあえず載せてみることに。
間違っていたら教えてください。

ツリフネソウ
ツリフネソウ

キツリフネ
キツリフネソウ

ゲンノショウコ
ゲンノショウコ

シラネセンキュウ
シシウド

ツリガネニンジン
ツリガネニンジン

ミズヒキ
ミズヒキ

シロヨメナ
ミヤマヨメナ

キオン
アキノキリンソウ

ウド
ウド

ナンブアザミ
IMG_1174.jpg

浅間牧場の「秋」
IMG_1227.jpg

蝶がいるけど分かるかしら  ミヤマカラスアゲハ
IMG_1153.jpg




妙義山
IMG_1126.jpg

IMG_1282.jpg

四阿山
IMG_1286.jpg

籠の登山
IMG_1299.jpg

浅間山
IMG_1304.jpg

裏妙義  左が赤岩 右が烏帽子岩
IMG_1317_20080919234344.jpg

同じ山でも、見る方向によって違うから、見た場所を特定しないとわからないでしょうか?


※オコジョさん、ありがとうございました。
     

リフォーム 3

先日耐震診断をしてもらった結果が出た。

PCソフトを使っての計算とはいえ、かなり詳細な診断だった。
でも、私には内容についてはほとんど理解できない。

構造の評価だけが興味の対象だった。

結論は、
2階部分は「一応倒壊しない」
1階部分のY方向(南東)は「一応倒壊しない」
X方向(東西)は「倒壊する可能性が高い」
だった。

南側は、一面がガラス戸になっている。
壁面が少ない分、弱い。

両端の雨戸部分だけが壁になる。
一応筋交いは入っているが、この筋交いを2重にすることにより、評点(保有耐力/必要耐力)を1・0以上に上げることが可能だと言うことだった。


この耐震工事を主眼に置き、今後リフォームを進めることになりそうだ。

     

嬬恋~

夕食にいただいたトウモロコシのスープがあまりにも美味しかったので、こっそり教えていただいたトウモロコシ売り場に買いに行った。
とうもろこし20本 キャベツ2個 大根2本 トマト1箱 ズッキーニ 1盛りを買った。

つまごいパノラマライン
1_20080918075524.jpg

キャベツ畑が広がる
2_20080918075634.jpg

収穫のすんだところもある
3_20080918075703.jpg

道なりに進んでいくと、何やら大勢の人が丘に登っている
4_20080918075811.jpg

もしかしたら、ここは・・・例の・・・
愛妻の丘
愛妻の丘


行ってみる?
5_20080918080057.jpg

やっぱりね
6_20080918080139.jpg
知らなかったのよ。
今日がその日だってことは。

これがその叫び台
7_20080918080244.jpg

まだ準備中。
始まるのは1時間も先。
危険を感じた夫が「バラギ高原に行くんだろう」と、さっさと丘を降りていった。
8_20080918080452.jpg

翌朝、TVで情報番組を見ていたら、報道されていた。
若い方が、一緒に行った彼女にプロポーズしたり、80歳代の方が奥さんに感謝の言葉を叫んだり。

例のはとバスも来ていました。

バラギ高原まで行き、あとは帰り道。

途中、鬼押出し園
9_20080918081050.jpg
浅間山の火口で鬼が暴れ、岩を押出したと言う噴火の印象を命名したものだそう。
浅間山観音堂が見える。



前日とは別ルートで、碓氷バイパスに抜けるために通った中軽井沢で、渋滞にはまってしまった。
他県ナンバーばかりで、長野や群馬ナンバーはほとんどいない。
抜け道に入り、渋滞回避。
プリンス通りは止まったまま動かない様子。
「今日は、アウトレットは行かない方がいいよ」と、オーナーさんが言ってたっけ。


信州に来たのだから、どこかでおそばを食べたいよね・・・と、探しても適当なところが見当たらず、とうとう群馬県に入ってしまった。
10_20080918082557.jpg

11_20080918082650.jpg

ごめんなさい。
鯉料理は無理。
12_20080918082859.jpg

やっとおそばにありつけた。
13_20080918082946.jpg 14_20080918083011.jpg

15_20080918083034.jpg 16_20080918083059.jpg




     

北軽井沢方面

我が家にしては早い出発。
5:50
1_20080916232719.jpg

遠出する時は大抵高速道路を使う夫が、今回は珍しく「下道を行ってみよう」と。
時間は多少かかるかもしれないが、途中色々な風景に出会えて私は下道が好き。

順調に走る。
安中市の県道を通る。
前にも後ろにも車がいない。
信号のない真っ直ぐな道。
こんなところは、ついスピードをだしてしまう。
大丈夫、捕まったりはしないよ。

一面広がるこれは何畑?
2_20080916233541.jpg

3_20080916233607.jpg
「こんにゃく畑だよ」と、ホテルのオーナーさんに教えてもらった。
「マンナンライフの蒟蒻畑」の素だって。

横川の釜飯屋さんでお昼を食べる。
IMG_1129.jpg

ここからが分かれ道。
旧道を行くかバイパスにするか。
迷わず旧道へ。
寄りたい所があるからね。

碓氷湖
4_20080916234741.jpg
赤い橋は「夢のせ橋」
この碓氷湖の一周は1.2キロだそう。
でもここはパスして、その横を通る「アプトの道」を歩くことにする。

最後の地点まで1km。
5_20080916235155.jpg

ここからは4つのトンネルがある。
6_20080916235253.jpg

7_20080916235338.jpg
全てがレンガ造り。

最後のトンネルは
結構長く、カーブしているので先が見えない。
コウモリが飛んでいる。
トンネルの中は私一人。
後ろからヒタヒタと足音が聞こえる。
不気味。
怖い。
走った。
足音が付いてくる。
必死で全速力で走った。

やっと光が見えた。
先には夫が待っていた。
8_20080916235809.jpg


ここは、碓氷第三橋梁(めがね橋)
横川~軽井沢間 11.2km 今は廃線となった信州線が通っていたところ。
この線が急勾配のため、ドイツの山岳鉄道で実用化されていたアプト式が採用され、1893~1963年まで走り続けた。
そのアプト式から「アプトの道」と名づけられている。
9.jpg
200万個のレンガで造られている。


遠く向こうに見えるのが、現在の信州線。・・・・・間違えました。オコジョさんに教えていただきました。正しくはオコジョさんのコメントをお借りします。『廃線になった信越線ですね。 めがね橋は、アプト式が廃止されたときに、廃止され、 見えている橋に移りました。 』

10_20080917000951.jpg


下から見あげると
11_20080917001115.jpg


めがね橋を過ぎ、暫くすると長野県に入る。
軽井沢駅周辺にはわき目も振らず、旧軽井沢方面へ。

12.jpg
三笠通りには三笠ホテルが。
13.jpg

写真だけ撮って次に。
14.jpg
ここは白糸の滝。
全国いたるところに白糸の滝はあるが、この白糸の滝は高さが3m 幅70mの岩肌から数百条の地下水が落下している。
包み込まれるような滝だった。

さぁ、ここからホテルまではあっという間。
浅間牧場を見てからチャックインしましょう。

15.jpg

16.jpg







     

北軽井沢 小さなホテル

いろいろな方のHPやブログをみて、以前から泊まってみたいと思っていた「お宿」があった。
行かれるかな~という時は、いつも予約でいっぱい。

振られると思いはつのるものらしい。
3連休があったり、長期の休みがあると予約状況の確認をするのが習慣になった。

お盆休みがあけた8月の半ば久しぶりに開いたら、9月の3連休に1室の空きがあった。

夫の帰りを待ち、了解を得てやっと長年の夢を果たすことが出来た。


ご夫婦で営んでいる全8室の小さな温泉ホテル。
a_20080916001618.jpg

フロントが可愛い
b.jpg

部屋からの景色
c.jpg


惹かれた一つは、貸切の温泉が3つもあるということ。
浅間温泉から源泉を引いていると言う。

檜風呂、溶岩風呂、石風呂。

どのお風呂もゆっくりと入ることが出来る。
露天にはなっていないが、ガラス戸を開けることが出来るので開放感はある。
部屋からと同じような景色を楽しめる。


もう一つポイントが高かったのは、お食事。

ダイニングで揃っていただく。
f.jpg

7時と言う割合遅い時間。
外は暗くなった。
g.jpg


運転お疲れ様
h.jpg

鮭のマリネ                      舞茸と生ハム巻フリット
i.jpg k.jpg

テリーヌのワインソース               北軽井沢のとうもろこしスープ
k_20080916004211.jpg n.jpg

黒糖入りパン&全粒粉入りパン               
j.jpg


牛ステーキ                       カヤカリのポワレ
m.jpg l.jpg

古代米入りご飯&味噌汁
o.jpg

コーヒーとデザート
p.jpg


2時間かけてのディナーも、オーナーシェフの軽いジョークもあり時間を感じることもなく寛ぎながら摂ることができた。


食事の最中、かなりの雨になった。
日中は軽井沢と言えど、汗ばむ陽気だった。
この雨で、気温が一気に下がった。
暖房を入れるように言われたが、それほどの気温でもなかった。

翌朝、窓から見える木々には雨のしずくが残っていた。

朝食前にお風呂に。

夕食と同じテーブルに着く頃には、日が差し始めた。
q.jpg


r.jpg s.jpg


お料理は、どれもみんな美味しかった。
小さなホテルならではの心遣いが感じられた。

特にとうもろこしのスープは絶品。
売っている農家さんを教えていただいた。
帰りには20本のとうもろこしを買った。

パンもおいしかった。
黒糖のパンはお替りしたいほど。
米の粉も入っているんですって。
レシピはひみつって言われちゃった。

優しい時間がゆっくり流れる・・・そんな宿だった。










     

リフォーム 2

昨日も書いたように、我が家は耐震の新しい基準が出来る以前の建物である。

近き将来、必ず来るであろうといわれている大地震に、我が家がどの程度耐えうるかと言うのが不安であった。
リフォームをするにしても、それを知っておきたいと思った。

木造耐震診断というのがある。
柱の数や筋交いで構造計算をし、総合判定をするのだそうだ。

前後するが、我が家のリフォームを考え始めたのは数年前から。
ある業者のリフォーム展があるというのをDMか何かで目にしたので、どんなものかと覗きに行った。
まだそのころは具体的なプランもなく、物置化している和室を何とか使いやすいものにしたいと言う思いだけであった。
そんな漠然とした希望しかなかったので、相談をすることもなくツラツラ見て回っただけだった。

そこで目に入ったのが「外壁塗装のノウハウ」が書かれた手作りの冊子だった。
よく覚えていないのだが、懇切丁寧に書かれたその冊子にひきつけられた。

リフォームの知識を得るために行った展示会だったが、外壁の塗装をそこでお願いすることになった。
丁寧な仕事で、満足の行くものであった。

そんな付き合いから、毎月社報が送られてくるようになった。
またもタイミングよくリフォーム展の開催予告が載っていた。

それが2週間前のこと。
先週には、大雑把なプランニングの提案をしてもらう。

そして昨日、耐震の診断をしてもらうために耐震診断士が来た。

ここまでは、リフォームとは別の「耐震診断」と言う契約をする。
これをしたからといって、即耐震工事とは結びつかない。
勿論、工事は別会社でやってもなんら問題はない。

因みに、私の住んでいる市では、一件あたりの診断が30000円でその内の20000円は補助金として返金される。
自己負担は、10000円と言うこと。
多分、どの業者でやっても同じ金額だと思う。

更に、改修工事をした場合は、最高額50万円までは市から補助金が出る。
更に更に、固定資産税の減額もある。(家屋の1/2)
但し、私の計算に寄れば、固定資産税の減額は年間にしてもたいした額にはならない。
30年近く経った建物に対する税金そのものが最早小額であるから。


診断結果が出るのが来週。
さて、結果はいかに・・・



IMG_1104.jpg




     

リフォーム 1

昭和55年に新築した我が家は、今年で築28年目に入った。
浴室のリフォームを数年前にやった以外は、大きなトラブルもなく住んでいた。

人間が徐々に体の衰えを感じるように、家もまた少しずつ傷み出してきている。
床がギシギシ沈むようになったとか、壁のクロスが剥がれてきたとか、キッチンの流しも劣化してるし、畳替えをしなければ・・・
などなど、気になる箇所が増えてきた。

いよいよ手直しをしなくてはならない時期がやってきたのか。
28年前、まだ幼児が1人だった時代とは生活スタイルも大分違ってきている。
加えて、我が家は耐震の基準法が改正される前の建物である。


建て替えか、リフォームか。
或いは、二世帯住宅か。
迷うところである。
        
                ・・・・・ 続く


これから少しずつ、経過を記していこうと思う。



ボクの居場所もあるのかな~

IMG_1098.jpg

この日は暑かったよ。
首に保冷剤を巻いてるんだ。
外に出るときは、「帽子をかぶりなさい」ってママが言ったよ。









     

気分も新たに

テンプレートを替えてみました。
さて、これで日々の記録が復活できるでしょうか。


まだまだ日中の暑さは半端じゃない。
それでも朝晩の風にひんやり感があるし、窓から射し込む陽も随分家の中まで入ってくるようになった。

今年は、ゴーヤのカーテンのお陰で、家の中がこころなしか涼しく感じられた。
IMG_1071.jpg

副産物のゴーヤ(初めはこっちが主目的だった)も、30本近く収穫。
近所や親戚に配り歩くほどの豊作。

ゴーヤの佃煮は大評判で、実家でも大勢の人に広めてきた。

もう一つ、嬉しい収穫はオクラ。
残念ながら、チョットかたい。
納豆に刻んで入れたり、お味噌汁に入れたりした。
1日1~2本の収穫だったけど、長い間楽しめた。
昨日は、少しためて肉巻きにした。
a.jpg

周りのソースは、かぼちゃスープを作る前に少し取り置いたもの。
あんまりきれいじゃなく、これは失敗だったかも。
因みに、もう一つの人参とじゃが芋は友人の畑で取れたもの。

ニラの花が咲いた。
IMG_1075.jpg
葉はまだまだ軟らかそうなので、今夜のお味噌汁の具に使えそう。


明日はお休み。
ニャンタクン、ゆっくり朝寝してね。
朝5時になると起こしにやってくるのはやめてね。
背中に乗るのは絶対にやめて。
タンスの下敷きになる夢をみちゃったよ。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック