伊豆半島へ

IMG_1776.jpg
ゴールデンウィークの始まり。
伊豆半島に行ってきた。
海岸線をぐるっと廻る。
宿泊したのは、西伊豆の松崎温泉。

この宿は、海岸のすぐそばにある。
部屋はオーシャンビュー。
IMG_1761.jpg

サンセットが部屋から見えると言う。

IMG_1762.jpg
 16:15
この時間、太陽がこの位置だと、もしかして丁度見えないんじゃないの?

日没予定は18:20とフロントに書いてあった。

日没前にお風呂に入ってこよう。

まだ早い時間だったせいか、貸切だ。
カメラを持ってきてよかった。

IMG_1768.jpg
16:22

沈む夕日を見ながらの入浴は気持ちがいい。

でも、そんなに長くは入っていられない。

お風呂のあと、海岸に出てみる。

岩場を回れる遊歩道がある。
IMG_1780.jpg
17:41

IMG_1785.jpg
17:46

食事は、18時からレストランで。

IMG_1795.jpg
18:13

このあと、雲に隠れてしまい、顔を出してくれなかった。
沈む瞬間を見ることができず、残念。


散歩で見つけた岩場に咲いていた花。
IMG_1753.jpg
タツナミソウ

IMG_1792.jpg

     

五月人形

IMG_1696.jpg

何でまた出す気になったの?
と言われたこの兜、20年くらい物陰に隠れて日の目を浴びていなかった。

房が取れてたなんて。
IMG_1697.jpg
残骸がないから自然に取れたんじゃなく、誰かが壊したのね。

屏風は
IMG_1699.jpg
自然劣化。


人形や鯉のぼりは、数年前に処分したのだけど、この兜はとってあった。

強く逞しく育って欲しいと願う親心。
(この兜は祖父母心だったけど)

強く逞しく育ってるよ。
IMG_1639.jpg
ミントだけどね。


何で今更?

吊るし雛にする雛がたくさん出来てきたので、男の子の人形も思い出したのよ。
IMG_1705.jpg

続きを読む

     

ガラスエッチング

何、何?
どんなの?
と、何も分からずにガラスエッチングをやってみようの会に参加した。

まず、デッサンをするんだって。
苦手中の苦手。

家の周りに素材を探しに行くことからはじめる。

IMG_1672.jpg
梅じゃつまんないよね。

IMG_1667.jpg
スズランか~

IMG_1669.jpg
フジは難しそうだね。

IMG_1671.jpg
ジュウニヒトエもなかなかいいけど、私には無理。

IMG_1673.jpg

IMG_1674.jpg
モッコウバラはどうかしら。

なかなか決まらないけど、とりあえず
IMG_1676.jpg



出来上がりはこういうの。
IMG_1680.jpg


ガラスエッチングとは・・・
型を切り抜いた中に液を乗せ、時間を置いて洗い流すと、スリガラス状になるというもの。

まだまだ楽しめそうだ。


これは、ホウチャクソウ(宝鐸草)だそう。
IMG_1683.jpg

お寺の建物の軒先に下がっている大型の風鈴のことを「宝鐸」というんだって。
似てる?
IMG_1685.jpg


今日は、人生経験の豊かな人たちの中に入れさせていただいた。
日常の生活の知恵も精神面も、教わることが多い。


     

オーブンレンジ購入

昨日注文したオーブンが、今朝届いた。
IMG_1645.jpg
「開けるんだからどいてね」 「これボクの~」

このオーブンレンジは、ネット購入したもの。

メーカーのカタログをHPで見て、参考のために「価格.com」で検索をしてみた。
HPに出ていたのと、価格.comの出ているのとでは、品番が微妙に違う。
メーカーに問い合わせたところ、今年1月までの生産品で新しい機種とは待機電力の違いだけと言う情報をもらった。

大物をネットで買ったことはなかったので不安はあったのだが、メーカー直送、しかも料金着払いと言うことで発注することにした。

希望小売価格が16万円ほどで、ネット価格が85000円。
1月に買ったと思えば、最新じゃなくても何のこだわりもない。
16万円が8.5万円だもの。

メーカーの保証書もショップの保証書もついている。
スッゴク得した気分で嬉しくなる。

今までのと同じタイプなので、使い方も変わらない。


壊れる前に作ったチュイールを新しいオーブンでも作ってみた。
IMG_1660.jpg

音が静か。
同じ出来具合。

6月には大量のお菓子を焼く機会があるので、それまでにもっと慣れておかなくては。
焼きムラもあるだろうしね。


今度、仲間の集まりに抹茶寒天を作っていくことになった。
その練習。
IMG_1658.jpg
合格点はもらえるかな。(表面のプチプチは減点だね)




     

準備中

いちごが実をつけている
IMG_1615.jpg


ブルーベリーは花が咲いた
IMG_1619.jpg


ラズベリーはもうすぐ花が咲きそう
IMG_1625.jpg


みかんの新しい葉がでてきた
IMG_1624.jpg


ラディッシュは明日のサラダになるかな
IMG_1627.jpg


食べ物だけじゃないよ。
移動させたクレマチスも立派に蕾をつけた
IMG_1620.jpg



準備中といえば、
オーブンレンジがついに壊れてしまった。
IMG_1629.jpg

1986年製だから、もう20年以上の付き合いだ。
2~3度修理はしたけど、もうお手上げだって。
諦めて買いなさいって。
今週中に発注する。

電話の子機が壊れかかっている。
IMG_1632.jpg

充電がすぐに切れてしまう。
長電話ができない。
制限時間10分。
親機だとコードレスじゃないので不便。

冷蔵庫も・・・

家も・・・
チョットだけ準備中。
     

馬入の花畑

馬入(ばにゅう)の花畑は、何度か載せているので覚えてくださっているかな。
相模川の下流の河川敷に作られた花畑。
正式には、「馬入・光と風の花づつみ」という。

図書館に行ったついでに足を延ばしてみる。

IMG_1597.jpg

芝桜とチューリップが見頃。
川の向こうは茅ケ崎。

IMG_1586.jpg

IMG_1584.jpg


観光名所のように、「見事」と言うほどではないかもしれないけど、ボランティアの方が丹念に手入れをやってくださるのが、嬉しい。


ここはクレソン生息地。
IMG_1591.jpg


花もかわいい
IMG_1592.jpg


花が咲いてしまったクレソンは、食べられるかしら。
     

報国寺

旧華頂邸のあと、すぐそばの報国寺に寄った。
IMG_1536_20080414093006.jpg

報国寺は、建武元年(1334)に創建された、臨済宗・建長寺派の禅宗寺院。
別名「竹寺」とも言われる。(門が傾いて建っているのではないよ。カメラマンの腕のせいなので悪しからず)


すごいよ。
IMG_1539_20080414093213.jpg
2000本の孟宗竹。

あらあら
IMG_1553.jpg


一面緑の葉
IMG_1550.jpg


なにやら黄色い花が
IMG_1544.jpg


キバナオドリコソウだそう
IMG_1549.jpg



天までも届きそうな竹は、圧巻だった。


帰りは荏柄神社や頼朝のお墓により、駅まで戻った。


八幡宮前、なにやら人だかり
IMG_1481.jpg


「今日の佳き日」お幸せに
IMG_1483.jpg


鎌倉に来たらこれ
鳩サブレ
大好きなの。
     

旧華頂宮邸

鎌倉に行った。
IMG_1566.jpg




数々の神社仏閣がある鎌倉に、昭和4年に建てられた西洋風の別荘。
IMG_1528.jpg
衣張山の裾野、報国寺のそばに建つ旧華頂宮邸。



玄関ホールから直結した吹き抜けの階段
IMG_1489.jpg



大きな窓から差し込む光で、室内はとても明るい


サンルーム
IMG_1514.jpg


ダイニングルーム
IMG_1519.jpg


フランス式庭園と鎌倉の山が見える二階の部屋
IMG_1499.jpg


洋館には珍しい和室がある
IMG_1505.jpg



皇族の邸宅から想像される華やかな装飾はほとんど見られないが、
驚いたのは、大理石のマントルピース。

各部屋に置かれたマントルピースの前面のカバー(?)が、全部違った模様
マントルピース1 マントルピース2

マントルピース3 マントルピース4

マントルピース5 マントルピース6


そう一つの驚きは、各部屋の床板の張り方
床1 床2

床3 床4



庭を見ながらコーヒーをいただく。
IMG_1535.jpg

庭と山間が借景となり、「洋」と「和」が調和して見事。

     

ボケ

ボケなんて、かわいそうな名前。
木瓜2
こんなにかわいい花なのに。

かわいいボケ・・・かわいくボケたいね。


オオボケをやってしまった~。

小学校の入学式って、昨日だったんだ・・・
昨夜気がついてよかった。
イヤ、良くはないけど。
だって、この嵐の中誰もいない校庭に行くところだったんだもの。

交通安全母の会で、新入生にプレゼントを渡すはずだったの。
IMG_1012.jpg

ランドセルにつけるマスコット。

出来上がったのを会長さんに渡してあったので、トラブルはなかったと思うけど、実際に手渡ししたかったわ。

今朝、謝りの電話を入れたら「ボケチャッタ~?」って。


やかんの蓋を取らずに水を入れようとしたり、お金の入っていないお財布を持って買い物に行ったり、車のカギを手に持っているのに探したり・・・
これみんな昨日と今日のことよ。

挙げれば限がないほどボケは進行中。

大丈夫よね。
これって、正常な老化現象よね。

・・・・と、自分で慰めている。

     

おんり~ゆ~

昨夜、ネットサーフィンで見つけた日帰り温泉。
この名前、どこかで見た覚えがあるな~と思ったら、ブログ友達がコメント欄で教えて下さった所。

何かの縁。
お昼少し前に出かけた。

「おんり~ゆ~」って、「榲里湯」だって。
南足柄市にある、昨年11月にオープンしたばかりの日帰り温泉。

南足柄って、金太郎さんが住んでいたところ。
温泉は、山奥にある。

IMG_1429.jpg


更に奥へ行くと・・・やっと辿り着いた。
IMG_1432.jpg


建物はとても清潔感にあふれ、スタッフの接客態度も気持ちがいい。
泉名が「足柄の温泉美肌の湯」だそうで、単純硫黄泉 PH9.5の弱アルカリ性。

浴場への通路
IMG_1437.jpg



ガラスの向こうには、湯上りに涼める椅子が置いてある。
IMG_1438.jpg



お風呂上りには、作務衣を着ることができる。
IMG_1444.jpg


この温泉は、1日中出たり入ったりが自由に出来、途中で食事や睡眠もとれる。
その度に、洋服ではなく、この作務衣に着替える。

食事は、「おばんざいバイキング」。
地野菜を使った京風おばんざいが、優しい味付けだ。

食事のあとは一休み。
IMG_1452.jpg
あちこちから、いびきが聞こえる。
おしゃべりしたい人の休憩室は別にある。
ここでは静かにね。


広大な庭
IMG_1458.jpg


いろいろな植物がある。
一部は手を加えているそうだけど、できるだけ自然のままの状態にしていると。

IMG_1454.jpg


これもカタクリ。
キバナカタクリで、普通のカタクリよりも早く咲き、ほとんどが枯れていた。
IMG_1462.jpg


ショウジョウバカマ(猩々袴)・・・オコジョさんに教えていただきました
IMG_1464.jpg



ピンクのアセビ
IMG_1469.jpg
色が大分さめちゃったんだって。


花の後のウバユリ
IMG_1456.jpg



今日は温泉目的だったけど、この近くには森林公園「丸太の森」や大雄山最乗寺など見所も多いので、抱き合わせで行くのも楽しいと思う。
     

湘南平  その2

下りの道は緩やかなので楽だけど、車道と同じなので端っこを小さくなって歩く。
折角のウォーキング、排気ガスを吸いながらじゃね。

というので、途中から横道に入った。
道なき道を進んだら、何と
IMG_1375.jpg
吉野の千本桜に負けてないんじゃない?

もうこれ以上進めないという獣道のようなところに入り込んでしまった。
こんなにいい眺め、みんなに見せてあげたい。

少し戻り、次に入り込んだ道の行った先は
IMG_1382.jpg
こんなフカフカの道。
寝っ転がりたいよね。
今日はオシャレしているから止めておこう。


もう葉がでてる。
IMG_1342.jpg
この葉っぱを数枚いただいちゃった。
桜のお皿に敷いて、水羊羹を乗せたらどう?
食べ物の話はいつも盛り上がる。



IMG_1387.jpg
下の畑に桜が散っているのが分かるかしら。
雪のようよ。


大分下りて来たね。
IMG_1388.jpg
平塚の街が近づいてきた。最後の休憩ね。



たくさんのかわいい花に出会ったけど、ゆっくり写真を撮る間がない。
「待って~」もほどほどにしないと置いてかれちゃう。

植物博士(友人の俗称)に「これなに?」と聞きたいのだけど、戻ってもらうには申し訳ないので、手当たり次第にパシャパシャ写す。

ムラサキケマンソウ
IMG_1319.jpg


マムシソウ
IMG_1327.jpg


ノイチゴ
IMG_1334.jpg


モミジイチゴ
IMG_1340.jpg


シャガ
IMG_1345.jpg



トリカブト
IMG_1336.jpg



アケビ
IMG_1365.jpg



ヤマブキ
IMG_1369.jpg



タチツボスミレ
IMG_1337.jpg
スミレは、卵白をくぐらせグラニュー糖をふりかけ乾燥させ保存すると、お菓子やサラダにいつでも使えるんだって。


晩御飯にいいよねって、摘んだら怒られちゃった。(オシダ)
IMG_1333.jpg
毒よって。


「足手まといでつまんないでしょ?」って言ったら、「こういう人たちとのハイキングも、また違った発見があって楽しいわよ」と、ベテランハイカーの友人は応えてくれた。






続きを読む

     

湘南平

月曜日には雨で行かれなかった湘南平に行ってきたよ。
車じゃなく、歩きでね。
IMG_1310.jpg


高麗神社を通り、奥に見える山を目指す。
IMG_1312.jpg


181mの丘陵なんだから、私でも多分大丈夫。
2~3年前のも登ったし。


IMG_1317.jpg
男坂と女坂があり、「どっち?」と聞く間もなく男坂へ。


IMG_1320.jpg
だいじょうぶよ。これくらいなら。


IMG_1323.jpg
かなりきついんですけど。


IMG_1332.jpg
もうちょっと。がんばれ、がんばれ!!


IMG_1359.jpg
テレビ塔が見えるよ。もうすぐだ~。


この辺でお昼にしよう。
頂上を目前に、ちょうどいいテーブルがあったので、お弁当を広げた。
IMG_1360.jpg
おにぎりと残り物だけのお弁当。

そういえば昨日、クイズ番組で「ピクニック」と「ハイキング」の違いをやっていた。
ピクニックは、屋外で食事をするのが主目的で、ハイキングは、自然を楽しみながら歩くのが主目的なんだって。
今日は、ハイキング。

頂上まであと少し。
IMG_1362.jpg
遠くに大山がかすんで見える。


やっと頂上
IMG_1370.jpg

桜が満開。
人もいっぱい。


ここではトイレ休憩だけして、すぐに下った。


IMG_1373.jpg
登りの車はかなりの渋滞。駐車場が満車だから当分進まないと思うよ。


さてさて、下りと植物は明日。


お金は1円も使わないつもりだったのに、買ってしまった・・・
IMG_1390.jpg
進和学園で作った器。
桜を見に行った記念にね。
     

花見の宴

去年のうちに「3月31日」と決めていた昨日は、お花見には全く適さない大雨だった。

それでも、集まりを中止にしようという声は誰からも出ず、強行。

お花見弁当は、おうちランチに変更。

お花見はここのはずだった。

IMG_1274.jpg

湘南平。

友人のマンションから撮った写真。
左手(南側)には、相模湾、少し右を向くと富士山が見えるそうだ。

先週、夫と桜のトンネルを抜けたのは、写真下部の並木部分。



湘南平は平塚市と大磯町の平野にまたがる、標高181mの小高い丘陵。


湘南平を有名にしたのは、頂上にあるテレビ塔の金網に掛けられた南京錠。
P1140718_1.jpg
(写真拝借)

恋が成就するらしい。

景観も悪く、錆も出るので定期的に切断するそうなので、最近はここに錠を下げた者は恋が断ち切られると言ううわさがある。




昨日、幼馴染からメールがきた。

『既に情報が入っているかもしれないが、同級生の○○が亡くなったと実家の母から連絡がありました。5~6年前に一緒に酒を飲んだのを最後に、連絡していないので、詳しい状況は分からない。』

私の初恋の人。
いつか会って、そんな話もしたいと思っていた。
20歳の時のままの顔しか浮かばない。

続きを読む

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック