里山歩き

家からそう遠くないところに「みんなで守り育む“さと”の風景」を楽しめる場所があるとの情報をネットで得ました。

お天気もいいので出かけることにしました。

吉沢という地区です。
「湘南ひらつか・ゆるぎ地区活性化に向けた協議会」の皆さんが、荒れた山を整備した場所だそうです。

近くの公民館に車を止めさせていただけるということだったので、公民館の窓口に許可を得に行きました。
パンフレットを下さったり説明してくださったりと、とても親切でした。

歩き始めて間もなく
a.jpg
あまり興味がないのでスルー

眼下には民家
敷地の中にすごい藤棚がある。
P5020102.jpg

あの山は大山(おおやま)?
P5020104.jpg

花もいっぱい。
みんなボケボケだね。

タツナミソウ?
P5020106.jpg

オドリコソウ これは知ってる。
P5020108.jpg

アザミ
P5020112.jpg

タンポポ 珍しくもないけど、いっぱい咲いてたからね。
P5020114.jpg

これは、キュウリグサって教えてもらったような・・・でも違うかも。
米粒ほどの小さな花。
P5020116.jpg


菜の花とストロベリートーチのコラボ
P5020120a.jpg


ミズキは咲いたらきれいでしょうね。
P5020118.jpg


富士山が見えた~
P5020111.jpg


なんてステキなところなの~
P5020130.jpg

P5020128.jpg

もしかして横浜が見える?
ランドマークタワーだよね。
P5020124.jpg

気持ち良い道を歩き続けます。
P5020135.jpg

P5020138.jpg

「イノシシ注意」の立て札あり。
「こんなところで出会ったらどうする?」
「挨拶すればいいんだよ」

なになに?
P5020142.jpg

注意しながら歩きます。
出会ったら挨拶ね。

P5020144a.jpg

シャガがいっぱい。
P5020139a.jpg

P5020141.jpg

しばらく歩くと滝があります。
小さな滝で「霧降の滝」と言います。
P5020148.jpg
P5020147.jpg
水量が少ないね。

ここを抜け、少し歩くと最初の道に出ます。
約1時間半。

暑くもなく寒くもなく、歩くのにちょうどよかった。
景色も堪能できたし、いろんな花にも出合えたし、我が家のGWでした。

それにしても、この1時間半で出会った「人」は、たった2人。
写真に写っている滝のお二人。

なんと長閑な里山。

この後、前から行きたいと思っていたカフェレストランに行くも、ガッカリ。
お休みでした。
温泉に入り帰宅しました。
     

河津桜

あちこちで河津桜の開花情報を見聞きしている間に時間が経過してしまい、今日を逃しては今年は見られないかも、と出かけたついでに寄ってみました。

ここは湘南平の知る人ぞ知る場所。
見物客はいないので、メジロのさえずる声が響き渡っていました。

P3050008.jpg

P3050010a.jpg
メジロも撮ったつもりだけど、シャッターを押した瞬間、逃げちゃったのね~


友人たちを無理やり引き連れて行ったのだけど、咲いててよかった♪

帰りにお買い上げ。
P3050019.jpg

このパンは、社会福祉法人「進和学園」で作っています。
今年の始め、商工会議所で今年度の逸品研究会お披露目会が開催され、それに参加したそうです。

お客様による投票結果、フード部門で第一位にもなったんですって。

P3050025.jpg

このパンは、「青摘みかん」といって、実が青いうちに間引きしたものの果汁を使って炊いた「みかん餡」が使われているそうです。
袋から出した瞬間、みかんの香りがふわ~っと。
香り付けのエッセンスなどではない、みかんそのものです。
おいしかった~♪

袋の裏に
P3050032.jpgだって。
     

ポピー畑

相模川に面した河川敷に「馬入・光と風の花づつみ」というお花畑があります。
春はチューリップや芝桜、夏はひまわり秋にはコスモス、そしてこの時期はポピーが一面に広がります。

P5260107.jpg

今週末には無料の摘み取りがあります。

P5260113.jpg

今日は風が強く、きゃしゃなポピーは流されるまま。
P5260112.jpg

花畑の先には「馬入水辺の楽校」があります。⇒

ぐるりと歩くのは初めてです。
P5260115.jpg

P5260124.jpg

花もたくさん咲いていて楽しく歩けます。

2014-05-26.jpg


     

チューリップ畑

お昼ごはんを食べた後、タウン誌を開いたら目に飛び込んできた「チューリップの絨毯」の記事。

おおよその場所はわかるけれど、はっきりと分からないので編集室に電話をしてみる。

20分ほどで行けそう。

休耕田を活用しようとチューリップを植えつけ始めたのが3年前だそうだ。
今年は2万個の球根が植えられているということなので、楽しみに出かけた。

大通りから入った人気の無い畑地。

あれかな~

IMG_5324.jpg

タウン誌に乗っていた感じとはちょっと違うけど、ここで間違いがなさそう。
IMG_5326.jpg

絨毯というにはチョット微妙だけど、まだ蕾もたくさんあったのでこれからもっと絨毯っぽくなるかもしれない。


土筆は絨毯とはいえないか。
IMG_5328.jpg



2~3日前に日向渓谷に水を汲みにいってきた。

このごろは、おうちにいるシニア世代が多いせいか、平日のほうが混みあう。

この駐車場は水汲みの人ではないけれど、何だかいつもより車の数が多い。
IMG_5303.jpg

山歩きの人の車だろうか。

少し行った先に十数人のカメラマンさんたち。
IMG_5304.jpg

滝を撮ってるのではなさそうだけど。

聞いたら「カワガラス」だそう。
カメラの中の先に撮った写真を見せてもらった。

250px-Cinclus_pallasii.jpg(画像をお借りしました)

岩陰に巣を作ってるんですって。

どうしてこんなに人が集まったのですかってお聞きしたら、情報はネットだそう。
「カラス」ならどこにでもいるんだけどね。


マムシグサが群生していた。
IMG_5307.jpg

マムシグサの絨毯は不気味かも。



     

美術館へ

市の美術館で「ドールズハウス展」を見てきました。
IMG_4672.jpg

“映画「借りぐらしのアリエッティ」で、主人公のこびとアリエッティが暮らしていたドールズハウス。建物や部屋を縮小し、ある時代の生活空間を正確に再現したドールズハウスは、西洋で生まれたすばらしい美術工芸品です”

世界の二大プライベートコレクションであったイギリスのヴィヴィアン・グリーンコレクションとアメリカのモッツ・ミニチュアコレクションからの展示でした。

全作品、撮影が出来たのですが、ガラス越しだったこともあり何の調節もせずに撮った写真はなんだかな~・・・でも、一応記録なので。


イギリスの文豪 トマスハーディの家 (グラハム・ジョン・ウッズ 1998年作)
IMG_4626_20121125230709.jpg

IMG_4628.jpg


コーンウォール地方の典型的農家 (グラハム・ジョン・ウッズ 2012年作)
IMG_4629.jpg

ピーターラビットのドールズハウス (作者不詳 1996年)
IMG_4631.jpg

ヒルトップハウスの部屋の一部 (グラハム・ジョン・ウッズ2005年作)
IMG_4633.jpg

ボートハウス 漁師小屋 (スティーブ・ヒルバード 1996年作)
IMG_4639.jpg

ベアトリクス・ポターのヒルトップハウス (グラハム・ジョン・ウッズ1999年作)
ピーターラビットの生みの親、ポターはここで7作品を書いたそうだ。
IMG_4642.jpg

イングランドのロースクール (スティーブ・ヒルバード 1997年作)
IMG_4643.jpg

もっともっとたくさんあったけど、一番魅せられたのがここ。

モッツの雑貨店 (モッツ・ミニチュア・コレクション 1930年代初期)
IMG_4650.jpg

写真をクリックすると大きくなるので見てね。
IMG_4651.jpg

何でもあるよ。
IMG_4652.jpg

IMG_4653.jpg

猫がこぼれたミルクを飲んでる。
IMG_4654.jpg

一緒に見ていた人同士、「赤ちゃんが体重量ってる」とか「拳銃がある」とか「水枕もあるよ」などと大盛り上がり。

アイオワ州オコボジ湖に実際にあった店の1914年頃の様子だそうです。

平日に行ったので、ゆっくりといい時間が持てました。
     

サイクリング

珍しく夫からの誘い。
海まで行っても面白いことなさそうだな~・・・と思ったけど、付き合ってあげることに。

川に沿ったサイクリングロードを真っ直ぐ海まで4KM少し。

面白いこと・・・
出発早々に出会いが。

IMG_3613.jpg
写真を撮っていたら男の子たちがやってきて、見つめられた「物体」は足早に(腹早?)逃げ去った。

しばらく行くと思い出いっぱいの風景になる。
IMG_3697.jpg

結婚と同時に5年ほど過ごした場所。
小さな息子との散歩コースだった。

この土手で撮った写真があった。
IMG_3699.jpg
30年も経つと木の大きさが明らかに違う。
少し大きいお兄さんたちに交じって、ダンボールをお尻に敷いて土手すべりもしていた。

パパがお休みの日は、海までよく通った。
二人のデートコース。
IMG_3700.jpg

社宅も取り壊され、今はきれいな住宅街。


桑の実や                         金銀花も
IMG_3615.jpg IMG_3623_20120526120628.jpg


海近くになった川では夫婦か親子か友達か?
えさ探しに夢中だった。
IMG_3628.jpg

ようやく着いた海岸。
ハマヒルガオが咲きはじめていた。
IMG_3620.jpg

IMG_3617.jpg

海岸沿いをずっと大磯方面に下っていった。

そろそろ戻ろう。
行きはヨイヨイだったけど、帰りはヨレヨレだった。
ペダルを踏む足もヨロヨロ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック