リフォーム 完結

前回のリフォームの記事で、やや不満が残ったところがあったと書きました。
そこは、クローゼットです。
ウォークインをイメージしていたのですが、うまく伝えることが出来ず、単なる押入れになってしまったようです。
それでも、収納ケースや引き出し式のラックを置いたり、なんとか納まっています。

改めて思ったのは、「箪笥」って優れものだと言うことです。
ハンカチやら靴下やらを収納するには、やっぱり箪笥の引き出しが最適の場所でした。
真ん中を仕切った棚を外し、整理ダンスを2棹入れました。

私が最後に希望したところは
IMG_1806.jpg
このスペース。
出しっぱなしになりがちな、細かいものを置く棚が必要だと思ったのです。
奥行きは45CMくらいしかありません。
そのために、後ろになるクローゼットが狭くなりますが、それでもこの部分は欲しかったところです。

夫に細かく棚を作ってもらいました。
IMG_1857.jpg
中の引き出しは、以前あったものを利用しました。


階段下に夫が作ってくれた引き出しです。
(リフォーム前)
IMG_1533.jpg
この引き出しをどこかに取り付けたいと思っていたので、捨てずにとっておきました。

新しく取り付けるところと幅が違っていたので、右側の引き出しを狭くして入れ込みました。
箱を作り直したので大変だったようです。


遊んでみたいと思った障子です。
IMG_1823.jpg

チョットいいかな~って、自己満足なんですけど。
いかがでしょう。
一応、カーテンとコーディネートはしたんですよ。



所詮紙ですので、簡単に張りかえられます。
とりあえず、年末年始はこのバージョンで。


まだまだ足りないものが次々に出てきます。
ゆっくりと整えていくことにして、リフォーム日記としては一先ず終了と言うことにします。




     

ガスかIHか

リフォームするなら調理器具は絶対に「IH」、と決めていました。

電磁波が人体に及ぼす影響はさておき、私がIHを望んだ訳は・・・

・これから先、年齢を経ていくとどうしても物忘れが多くなりそう。
 炎のでないIHは、安心。
 ガスの火が洋服に移って、大やけどをしたという話もきく。
・熱効率もよく、光熱費の削減にもつながりそう。
・表面がフラットなので、お掃除が楽。
・災害時には、ガスよりも電気の復旧の方が早かった。

等など、いいこと尽くめのように思っていましたので、ぜひともIHにしたいと思っていました。


ところが~~~~

我が家にIHを入れるには、大工事が必要だったのです。
詳しくはよくわからないのですが、新しく線を引かなくてはならないと言うことと、その線を引くためには敷地内に電柱を立てなければならないと言うことでした。
我が家のある場所は、30年ほど前に開発分譲された土地です。
その時、それぞれの家に電気を配線するのに、他所のお宅の敷地を通させてもらっているのです。
これから改めて線を引く場合は、そのようなことが出来ないので、新しく自分の敷地に電柱を立てなくてはならないのだそうです。

大きな出費を覚悟で、新しく線を引いたとします。
我が家は、コンロと炊飯器とオーブンがガスでした。
炊飯器は古くなってきたので電気に替えたとしても、オーブンは今年になって買い換えたものだし、お菓子やパンを焼くのにコンベックはどうしても使いたいのです。
となると、コンベックのためだけにガスを引くと言うのは、かなりもったいないことではないのか・・・
毎日使うわけでもないのに、基本料にも満たない使用量は経済から言っても無駄だと思ったのです。

その結果、今回のリフォームでは「ガス」に決めました。

使ってみて、
安全面では、立ち消えのセンサーも付いていますし、タイマーもついています。
お湯も沸けば自動的に止まるし、魚も焼けると勝手に消えます。
掃除も案外楽です。
IMG_1809.jpg

IMG_1810.jpg
IHのように全面フラットというわけにはいきませんが、五徳を外すと掃除はしやすいです。

一長一短ですので、それぞれのご家庭にあったものを選ばれるといいですね。
     

リフォーム 9

実際に工事が始まってから仕上がるまでに、約3週間かかりました。
生活をしながらのリフォームは、この期間が限界かもしれません。

体力的にも、1日何往復もする階段の上り下りはきつかったです。
普段は、洗濯物を干して取り込んで、起きて寝て・・・と、せいぜい2往復。
精神的にも、拘束されてしまう辛さがあります。
自分の予定をキャンセルせざるを得ない状況は、負担になるものでした。

それでも、毎日変化していく様子を見られたのは楽しく、家族に報告するのも喜びでした。

今日は、拘りの箇所を載せてみます。

夫が譲らなかったのは流し台です。
IMG_1714a.jpg

私は、カウンターがあるものと迷いに迷っていたのですが・・・
調理台部分ももう少し短くてもいいと思ったのですが、キッチンの広さに合わせ長くしてくれました。
広くていいのですが、既製にはなかったのでオーダーになってしまいました。

IMG_1724.jpg
最近は、引き出しが主流だそうですが、これは本当に使いやすいです。
たくさん収納できます。
今までの扉式だと、お鍋を重ねるので取り出しにくく、収納下手な私はいつも乱れていました。
上、中、下と、深さが全部違うのでそれぞれにあわせて入れています。

この段階ではまだ何も置いていないので、ショールームのようですが、今は生活感アリアリです。
特に、一番端の空間にはゴミ箱を置いています。
リビングから丸見え~・・・と、息子に指摘されましたが、生活しているのだから仕方がないですよね。
何か良い方法がありましたら教えてください。


私とお嫁ちゃんが拘ったのがカーテンです。
窓の部分が大きいので、カーテンで部屋の雰囲気が決まるかなと思ったのです。
最初は私の大好きなサーモンピンク系にするつもりでした。
が、お嫁ちゃんのアドバイスもあり、先にレースのカーテンを決めました。
そのレースにすると、淡いピンクよりも少し濃い目のほうがよかったのです。
IMG_1791a.jpg
厚地の方は萌黄色です。

内側をレースにしたかったのです。
そのために、レースを先に選びました。
掛けてみたら、思った以上に好きな感じになりました。
どこもかしこも白っぽいので、アクセントが出来たと思っています。

昼間はこんな効果も。
IMG_1794.jpg
お花畑の中で昼寝をする日が近いうちにやってくることでしょう。


拘ったわりに、私としてはやや不満が残った所を後日載せますね。
     

今朝は・・・

外気温が5度という寒さでした。
6時45分、夫を駅まで送る車中からは、雲ひとつない空に富士山がくっきりと姿を現していました。
送った帰り、少し先まで車を走らせました。
IMG_1756.jpg
空気の澄んだ田んぼからの眺めに、今日も頑張ろう!・・・という活力を与えてもらったようです。


昨日、市の耐震確認が終わり、リフォームが完了しました。
ピッタリ予定通りです。
天候にも恵まれたお陰でもあります。

今朝、リフォームの会社からお花が届きました。
IMG_1781.jpg

ほぼ満足のいくリフォームだったと思います。
図面の段階で何度も変更していただいたり、工事の段階での追加もあったりで、相当うるさかったかもしれませんが、快く応じていただいたことに感謝です。

これから荷物の運び込みもあり、また忙しい日々が続きそうです。

完成ですが、これからキッチンのメーカーの方が、チェックにいらっしゃいます。
もう既に使い始めていますが、使い勝手も上々です。
     

リフォーム 8

あの暑さが懐かしい昨日今日。
この時期の寒さのことを「冷まじ(すさまじ)」と言うそうです。
「まじ寒い」っす、じゃないですよ。
冬に入る前の秋の寒さだって。

リフォームも終盤に入りました。
大工さんは、今日でお終い。
キッチンが搬入され、今荷解きをしています。

私が一番欲しかったクローゼットが完成しました。
しか~し、ショックなことが。

L字型に3つあるクローゼット。
1つはパイプを通して洋服を吊るし、1つは衣装ケースや色々なものを押し込むように3段の棚をつけ、もう一つは今あるメタルラックをいれ、普段の洋服を積んでいく予定でした。
朝、大工さんにメタルラックを入れるところは棚無しで・・・と言うことを伝えたはずなのに、見に行った時には棚が取り付けられた後でした。
取り外しのできる棚ではなく、かなり頑丈な据付の棚なので、今更です。

大工さんには言えなくて、夫にブチブチ。
だって、夫がお休みでずっと現場にいたんですもの。
ただ、あの日は電気屋さんが来たり外壁の工事の人が来たりで、大工さんも夫も散漫だったかもしれません。
確か、私が話している時に何かの用が入り中途半端な会話になっていたかもしれません。
あ~あ、あれじゃあ押入れと同じだわ。
イメージしていたのとまるで違うわ。

夫が、全部終わったら何とか外してやるから・・・と言ってくれました。
それで納得して迎えた翌日。

立ち直りの早い私。
それなりの使い方を考えちゃいました。
多分いける。
大丈夫。
案外いいかも。

収納できたら写真を載せますので見てくださいね。


こんなところで食事をしています。
IMG_1693a.jpg
これは、カーテンの相談をしているところかな。

そろそろデパチカ弁も飽きてきました。
IMG_1683_20081111112508.jpg

今夜は、お嫁ちゃんの手料理です。







     

トイレ事情

今日は入れ替わり立ち替わり、延べにして9人の職人さんが作業をしてくれました。
キッチンの解体に伴い、ガス屋さんに水道屋さんも。
勿論、皆さん男性。

普段の我が家も女一人だけど、今まで感じたことのない状況が・・・

二階のトイレの前に物が積み上げられているので、「開かずの間」になっています。
仕方がないので、一階のトイレを使っています。
そこは職人さんたちも一緒。
ドアの前で何度か出くわしたこともあります。
普段は、トイレの鍵なんてかけないけど、やはり不測の事態を思えばです。

必ずノックをする紳士さんもいます(当たり前?)

それはともかくとして・・・

皆さんのご家庭では、便座をどうしてますか?

我が家は、みんなふたも閉じてからでてきます。
それが普通だと思っていたのです。

おもしろいですよ~。
全部閉じている時もあれば、便座だけが下りている時も、全部上がっている時もあるのです。

こういうのって習慣なのでしょうから、自宅のトイレでも同じ使い方をしているのでしょうね。

正しい使い方・・・なんていうのは、その家庭で違うでしょう。
なんか、おもしろいことを発見した気分です。

そういえば、最近の男の人も座って用を足す人が多いとか。
友人の孫ちゃんが通っている幼稚園も座ってですって。

トイレ事情も変わってきていますね。

トイレの写真?
無しよ。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

こむぎ

Author:こむぎ
神奈川県に住む専業主婦。


以前の日記はこちらです。

●主婦日記●

よろしかったら、ご覧下さい。

★Twitter★

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

フリーエリア

最近のトラックバック